FC2ブログ
性器拷問の世界
広義のSMではなく、男性器への拷問だけという非常に狭義なMをあつかったブログ。
猟奇的犯罪 性器切断 まさか僕が
僕は男に生まれたことを激しく後悔した。


それは、最近起きた事件だった。

連続して男性が性器を切り取られる事件だ。

最終的に死んだ被害者はいない。

でも、死んだも同然になっている。

正確に言うと、性器つまり陰茎と陰嚢を両方切り取られたケースと

陰嚢つまり睾丸だけ切り取られるという場合のふた通りがあったが、

いずれにしても、切り取られた部位は持ち去られていて、再生不能だった。

そして被害者の男たちはすべて廃人のようになってしまった。


警察の捜査としては、比較的単純にみえた。

なぜなら、どのケースとも同じ女によるものだということは目撃証言ではっきりしていたから。

これまで、すでに5人の男が被害に遭っている。被害者の年齢は22歳から45歳までと幅広い。

全員、口を揃えてすごい美人に誘われたと証言した。

手口は、飲み屋で男を巧みに誘う。そしてホテルに入るとスタンガンで男を気絶させそして
縛り上げる。

その後は、全裸の男の性器をさんざん痛めつけてから器具を使って切り落とす。

被害者に堂々と顔を晒したにも関わらず、殺すことまではしない。

かなり大胆な犯行だった。

しかし、それだけ目撃証言や物証が残っているにもかかわらず未だに逮捕されない。



僕は、U大学3年生21歳だ。地方から出てきたすごい貧乏学生。

この間、2年前から付き合っていたG子と別れた…。

別れたと言っても、僕が一方的に離れたというわけ。

G子は7歳年上しかも水商売の女。貧乏学生の僕の生活費から遊ぶ金まで面倒みてくれていた。

でも僕はほかの年上女性と付き合いだしてしまった。

それがG子にばれて…、僕は開き直ちゃった。

「おまえに面倒みてくれって、頼んだ覚えはない!」

そう言って、G子を思い切り突き飛ばした。


新しく付き合い始めた年上女性との関係も結局ほどなく終わった。

やけになって酒を飲んでいた僕の前にその女は現れた。

すごいイイ女だと思った。年齢は30代前半くらい圧倒的にセクシーだった。

「少し休んでいく?ホテル代はいいよ気にしなくて」

僕がそんな嬉しい誘いに乗らないはずはなかった。


首筋に強烈な痛みを感じたのが最後だった。

気がついたときは、両手両足をロープで縛られていた。シャワーを浴びる寸前だったので
全裸で。

「おまえは女の敵だね。まあ男は全部そうだけど…でも特におまえは悪質だ!」

「なん…なんなんだよ?あんた誰よ?」


ひぎゃあああああ!!!!

女はスタンガンを僕の性器にあてた。

「だまれ!」「さあ、処刑開始だよ」

あいいいいい!!!!あああああ!!!!痛い!!!

tamagami6.jpg

女は僕の睾丸を咬んで引きちぎろうとしている

うああああ!!!!!!!!!

僕は、ありったけの悲鳴を絞りだした。

突然、女は口を離した。

「まあ、こうやって咬みちぎることができないことはわかってるけどね…ふふ」
「とりあえず、直接的に痛めつけてやるためにね」

そして金属の器具を持ち出して、僕の陰嚢にそれをはめた。

うあぎゃあああああああああああ!!!!!!!!!


僕は、ただ激烈な痛みで全身がしびれてきた。

もう何も見えない!目の前は真っ赤だった。そしてからだが激しく痙攣してきた。

唯一聞こえたのが、女の声、「この道具使っても簡単には切り落とせないのよねえ」
だけだった。

cbtball1003_20110628013934.jpg



どれくらい時間が経ったのだろう? 自分の悲鳴で自分が狂いそうになって、その時間は

永遠に感じた。ただあるときから大量の液体がからだから流れ出す感覚に代わり、局所的な

痛みは少なくなっていた。

そしてこんにゃくゼリーのようなものを口に押し込まれた。

飲み込むこともできずにそのこんにゃくゼリーを口のなかにいれたままにしていた。

その場面での、それが僕の最後の記憶になった。


その後の記憶は、病院のベッドでしかない。

後に聞いた話だと、そのこんにゃくゼリーは僕の睾丸。そして僕の陰嚢は完全に切り取られていた。

僕はいまも、あの痛みと恐怖を思い出す限り、女性には近づきたくないし、男に生まれたことを後悔
している。



結局その女つまり犯人は捕まらなかった。あれだけ証拠や目撃証言がありながら…
















完全なる痛悦マゾにしたてあげられた男は、それだけでイチモツを膨張させてしまう。美しく気高い女王様に、気が付かないうちに服従してしまうのは当然のことなのか!




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

金玉拷問 007
1年以上前、A子から007カジノロワイヤルの話を聞いていた。

A子は私が≪性器どM≫であることを知った上で教えてくれたのだ。

007カジノロワイヤルの劇中に「金玉拷問」の場面があるということだった。

「へえ、そうなの」その映画を観たことがない私はそのときはただ聞き流していた。

先日、そのことを想い出して検索をしてみた。

ニコニコ動画でそのシーンがフィーチャーされていたので観てみた。

性器拷問ファンの私にとっては、たいへん好ましいシーンではあった。

ダニエル・クレイグの悲鳴もなかなか真に迫っていてよかった。

でも、睾丸を拷問するのに何であんなに凝った手法をとるのか?ちょっと疑問に

感じた。睾丸を痛めつけるならもっと単純な手段がいくらでもある。

まあ、映画の場面としては、性器をもろに露出するわけにもいかないので、

「想像的手法」として生み出したのかもしれない。

もうひとつ疑問が沸いた。

007シリーズは一般娯楽映画だから、普通の映画ファンが鑑賞する。

はたしてあれを観た普通の女性たちはどんな感想をもったのだろう?

私に教えてくれたA子はすでに私の性癖を知った上で話してくれたわけで、

さらに二人の間では、あれ以上の行為もたくさん行なっているから、

敢えてその感想は訊いていない。

たぶん普通の女性にとっては、「なんか痛そう!」程度の感想しかないのだろうね。











溜まっていて欲求不満の2人が出会ってしまった!早速、さかりのついたケダモノのようにお互いの身体を求め合う。先輩「圭吾」が極上テクニックで「直紀」のチンポをしごきまくる。あまりの気持ちよさにKO(射精)寸前。直紀は圭吾のチンポにむしゃぶりつき、口いっぱいに広がる雄の味に酔いしれる。先輩のチンポが挿入されると、淫液を垂れ流しにして感じまくる。クライマックスはセルフ腹射&外出し胸射。「先輩、俺のボール(金玉)でトライ決めて下さい……」




Mボーイの日常3 たまつぶし
今日の相手は中年男性。

あんまり気は進まないけど、貴和子からのオーダーなら仕方ない。

男性は、いくつか遊び道具をもってきていると言った。

「まずはこれをはいて」

女性用のショーツを渡された。
ぼくは全裸でその小さなショーツをいちまいだけまとっている。

男性も裸になった。褌姿で腕には刺青が見える。
筋肉もすごい。

僕は、ソフトカフスで両手を拘束され、両足も同じように拘束された。

Lovecuff白m_04_large

「床に寝ろ」

僕は、床に仰向けになった。

男性は、僕の口に吸い付いてきた。
ものすごい粘膜質の舌が僕の口の中をはい回っている。
気持ち悪くなったけど、抵抗せずに我慢した。
その間、男性の手は僕の性器をショーツの上からまさぐっていた。

次に、僕の乳首を吸い始めた。
吸うというより噛み付いた。

「あっああああ」僕は乳首のちぎれそうな痛さにただ声をだす。
男性は両乳首を長時間責め続けた。

「次はこれだな」さんざん乳首に噛み付いた後、
男性はアナル用の道具を出してきた。
僕にとってアナル責めはあまり好みのプレイじゃない。
でも、男性はさっさとその道具と僕の肛門に潤滑液を塗り始めた。

「うううう…」肛門に差し込まれると、肛門の粘膜部分を引き裂くように
その道具が容赦なく出し入れされる。
「いいい痛い…ふうううう」僕はまただたひたすら我慢した。

「さあこれからが本番だ」男性は僕の履いているショーツを太ももあたりまでさげた。
右手で陰嚢をつかんで、左手は僕の首に巻きついてきた。
そしてまた粘膜質の舌が僕の口を塞ぐ。
それと同時に強烈な鈍痛が下半身を襲ってきた。

「うううう!!!!うう」口を塞がれていたのでくぐもった声しか出せない。
最初その強烈な痛みの原因がよくわからなかったが、男が口を放したとき見た
僕の下半身の様子が事情を説明してくれた。
男性は僕の睾丸を右手で力いっぱい握っているのだ。そしてときおり2本の指を中心にして
睾丸のひとつひとつを強く摘むような動きをしていた。

これまで多くの女性からも睾丸を責められた。
でもやはり同性は違う。
その強さや痛みの度合いを良く分かって責めてくる。

男銃thumb_m_08

「ああああ!!!!」
「うううううう!!!!」
下半身が重く熱くなっている。
胃から内容物が喉のところまで押し寄せてくる。
生唾を飲み込んでなんとか吐くのを耐える。
「いやああああ!!!!」
男性の手は完全に睾丸を潰せる動きにまでなった。
すでに僕の下半身は痛みではなく、炎に包まれて燃えている。
内臓が全部せり上がってくる。
後頭部をアイスピックで刺されるような痛みが続く。
だんだんと目の前が暗くなってきた。

口のなかに強いアルコール臭が充満して僕は目が覚めた。
男性が口移しでブランデーを含ませたようだった。
下半身は熔岩のなかに浸かっているような感覚だった。
僕はおそるおそる自分の性器を見た。
陰嚢が普段の1.5倍くらいになっている。
「明日にはもっと膨らんでいると思う」男性は冷静に告げた。

「ごめんな痛かったろう…でももう少しだけ触らせてくれ」
男性は僕の睾丸を撫ぜようとしている。
「お願い!!!やめて!!!やめて!!!」
「うわああんん」僕は本気で叫んで本気で泣いた。
















葵マリー4



Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog