FC2ブログ
性器拷問の世界
広義のSMではなく、男性器への拷問だけという非常に狭義なMをあつかったブログ。
隣のお姉さん
僕の初体験は小学5年のとき。
相手は隣の家に遊びに来るお姉さん。
初体験といっても、実際の性交までいったわけではない。
でも僕にとっては衝撃的な性のオープニングだった。

僕の家の隣は30代の夫婦が住んでいた。子供はいない。
夏になると、その隣家には奥さんの姪の中学生が地方から遊びに来た。
彼女の名前は寛子。中学2年生14歳。
2年前の夏から、この東京の親戚の家に遊びに来ている。
僕はまだ小学生だったけど、隣どうしということですぐに仲良くなった。
僕は彼女を「ひろちゃん」と呼んで、彼女は僕を「まーちゃん」と呼んだ。
友達のいない東京に遊びにくるわけだから、ひろちゃんには遊び相手がいない。
そこで僕と遊ぶことしかないので、とにかく毎日のように一緒にいた。
隣家とは家の両親も仲がよかったので家族ぐるみの付き合いだったこともあり、
両家の家族でプールや遊園地に行くこともあった。

その日は、僕の家族と隣家の家族で区営プールに来ていた。
僕はひろちゃんとふたりで25メートル施設を使って競争をしていた。
家族連れで賑わっていた区営プールだが、25メートル施設にはあまり人がいなく、ほとんどの
家族客は子供用プールで遊んでいた。
僕は水泳が得意だったのでひろちゃんより速く泳げた。
「まーちゃん、結構泳げるんだね!ちょっと休もう?」
何回か競争した後に、ひろちゃんが僕に言った。
僕も「うん」と言って足が立つ水深の浅いプールの端に移動した。
そのときいきなりひろちゃんが「えーい!」と叫んで僕の両肩に手をかけて僕を水に沈めた。
突然のことで僕は何も抵抗できずにただ水の中でもがいた。
数十秒して、ひろちゃんは僕を押さえつける力を緩めた。が、しかしまたすぐに同じことを繰り返した。
ひろちゃんは女とはいえ14歳、からだも僕より大きくて力も強かった。
結局僕は3回水の中に沈められそしてかなりの量の水を飲んだ。
「げほっげほっ!」3回目にようやく解放された僕は、苦しくてことばも出なかった。
一時は本気で殺されるかと思った。
僕を沈めようとするときのひろちゃんの表情を見たからだ。
口元は笑っていたけど、目は全然笑ってなかった。
水の中でも僕をしっかりと見つめてそして大きく見開いていた。
僕にはその目が僕を本気で殺そうと思っているかのように見えた。

「まーちゃん、泳ぎは速いけど息止めは私のほうが長くできるよ」
ひろちゃんは勝ち誇ったように言った。その目はさっきとは違いほんとうに笑っていた。
僕は苦しさからやっと立ち直って、何とか普通に息ができる状態になっていた。
「まーちゃん!もう一回やる?息止め?」
僕はすかさず首を横に振ってその申し出を断った。
「なあーんだ、まーちゃん弱虫じゃない!」
ひろちゃんはそう言いながら僕に近づいた。
僕は、おちんちんに痛みを感じた。
一瞬僕には何が起きたか判らなかった。
でも僕のおちんちんは何かに強く握られているようでとにかく痛い!

薄い海パンの上からひろちゃんは僕のおちんちんを握っていた。
痛い!痛い!
ずきずき!から吐き気をもよおしそうな鈍い痛みに変わってきた。
ええっ?何でこんなこと!
僕は、普通に友達だと思っていたひろちゃんがこんなことするとは信じられずに
ただ「ううっ」と唸ってその痛みに耐えていた。
「ねえ、まーちゃん?もっと息止めやろうよ?」
僕を見つめるひろちゃんの目はまた別人のような怖さをもっていた。

続く

(これはフィクションです。作tortureking)

海パン
画像は本文とは関係ありません
もっと→FC2 Blog Ranking




エッチなブログ盛りだくさん

→変態ブログランキング

adult.japandeep.com







拘束された男スパイの股間に、ブルマ女の容赦ない連続攻撃が炸裂!男スパイの呻きにエスカレートするキック&パンチ!この辛さは男にしか分からない…恐るべき金蹴り拷問が静かに、そして激しく繰り広げられる!




チンコビンタ、チンコデコピン、包茎皮剥き、精液食わせ、チンコ綱引き、股間(包茎)観察、皮伸ばし、玉握り、ペン刺し、寸止め手コキetc…超美人OL達が見境なく男を甚振り始める…。





性器作品リスト






























スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
本屋の女
本屋でナンパされたことがある。
いや!ナンパなのかそれとも商売だったのか未だにわからない。

街の小さな書店で立ち読みをしていた。
立ち読みをしている俺の隣に女が近づいてきた。
それほど混んでいるわけでもないのに、だんだんと近くに寄ってくる。
ついにからだとからだが横でくっ付くほどに近づいた。

女はふいに俺の手を掴んだ。
俺は驚いて横の女を見た。
女も俺の顔を覗き込むようにしてみていた。
年は30代後半か。化粧が結構濃い目だったが水商売の雰囲気ではなかった。
服装はOL風。

俺と目が合うと、にっこりと笑った。
手を握る動作から俺に微笑むまですごくナチュラルな動きで周囲の誰もそれに
気づいていなかった。
俺はすぐにこの女の微笑が意味していることを合点した。
そして俺は女の目を見ながらゆっくり頷いた。
女もそれに呼応して頷いた。
実は「合点した」とは言ったものの、半信半疑だった。
この女はどこまで求めているのか?それにいくら要求されるのか?
このままホテルに直行しようというのか?それとも何処か他の場所に移動するのか?
いずれにしても、これで「コーヒーでも飲みましょう」ということでないことだけは理解していた。

俺の反応を見た女は、俺の手を引いて店を出た。
この時点で俺はまだ不安を持っていた。
まったく得たいの知れない女だったから。
何しろ、店を出てからも一言もことばを発しない。
そりゃ店の中では、下手なことは言えないだろう。例えば「○○○円でどう?」なんてことは!
でも店を出たんだから、何か言ってもよさそうなものだ。
とにかく女は俺の手を引いて、隣のビルに向かった。

隣のビルは小さなマンションだった。
女はマンションの入り口には向かわずそのまま入り口近くの階段を下った。
相変わらず口をきかず、そしていかにも勝手知ったるという感じだった。
階段を下りるとそこは倉庫の入り口になっていた。
その倉庫の入り口の前に少しスペースがあった。
女はそこで止まった。
なるほど、此処はマンション入り口とは別の倉庫専用の階段。これなら普段は管理人や
補修工事関係者しか立ち入ることはないところだろう。

こんなとこへ連れてきたということは、少なくとも本格的なセックスは望んでいない。
そして美人局(つつもたせ)のように、後でやくざのような情夫が来て脅して金品を巻き上げる
ということでもなさそうだと思った。
でも少なくともこの場所には慣れている。
じゃあ、多分『フェラチオ』くらいかな・・・?そう俺は合点した。
予想通り、女は俺の前で腰を下ろすと、俺のズボンのベルトを外しそしてチャックを開けた。
俺のブリーフを下げると、すでに半勃起状態になっている俺の肉棒を口に入れた。
女のフェラチオは力加減や唾液の出し具合など巧みだった。
俺の肉棒はどんどん大きくなりそして熱くなっていった。
左手で俺の陰茎の根元を掴み、そして口でピストンしながら右手で睾丸を軽く握っていた。
俺は声を上げるのを必至に堪えた。


数分で俺は射精した。女の口の中へ・・・
俺が射精する少し前、俺の睾丸を触っていた女の右手が自分の股間に吸い込まれていくのが見えた。
女はしゃがむようにして座っていてその股間は開かれていた。
多分、下着の上から自分のカントに指で刺激を与えていたのだろう。
俺が逝きそうになる瞬間、女の荒い息も聞こえてきたから。

俺は、女に自分が持っていたティシューを渡した。
女は自分の口の周りを拭いた。
精液を吐き出した様子はないのでおそらく飲み込んだのだろう。
この時点でまだ女は何も言わない。
俺は、金を渡すべきか否か迷っていた。
でも、要求もされないのにどうしたら・・・?

そうやって迷っている間に女は、にこっと笑いそして右手を軽く上げて自分から先に階段を上がって行った。
ズボンを整えた俺はすぐにその後に続いた。
マンションの表に出たところで女はまた軽く手を振って駅の方に向かって歩いていってしまった。
俺は、それをただ呆然と見送った。
もしかしたら・・・女は「聾唖者」だったのかも?
でもどうしてこんなことを・・・?
金銭を要求するなら例え口がきけなくても何か伝える手段があったはずだ。
それとも男との何らかの接触を求めていた・・・?
いやそれならあんなかたちでフェラチオだけして済むはずはない。
俺が察して、ただ金銭を渡せばよかったのか・・・?
今でもわからない。

その後、同じ本屋で彼女と会うことはなかった。もっと→FC2 Blog Ranking

asia7265x4b.jpg



人気アダルトBLOG

アダルトトレイン
エッチなブログ盛りだくさん
エログ満載Erogger!
→EROエロNAVI

→変態ブログランキング

adult.japandeep.com


チンコビンタ、チンコデコピン、包茎皮剥き、精液食わせ、チンコ綱引き、股間(包茎)観察、皮伸ばし、玉握り、ペン刺し、寸止め手コキetc…超美人OL達が見境なく男を甚振り始める…。





トルバドール



関西マニア倶楽部

























女医健康診断
「今まで大きな病気とか手術とかしたことありますか?」
女医さんは、僕の目を見ながら訊いたんです。
その日、僕は久しぶりに地元の医院で健康診断を受けていました。
○○クリニック
その医院の医長が女性医師だとは知りませんでした。

女医さんの目は冷たい感じでまったくやさしさはありませんでした。
その目に怖さを憶えた僕は言わなくてもいいことを言ってしまいました。
「あの、子供の頃、幼稚園のときにヘルニアの手術をしたくらいで、それ以後は大きな病気も手術もありません」
「ヘルニアって?どこがヘルニアになったんですか?」
女医さんは、ニコリともしないで訊いてきました。
「えっ?どこって?」僕は、そのとき余計なこと言っちゃったかなと少し後悔しました。
「あっあの、お腹の下のところから腸が飛び出したんです」
「お腹の下とは?」
さらに女医さんは畳み掛けるように質問してきました。
少しでも笑みがあれば、冗談っぽいのかなと思えたのですが、その口には少しの微笑みもなかったので、
僕はとにかく「何とか答えないと」と焦りました。
「えっとあのあそこです。あの・・・玉の袋が膨れてしまって・・・」
と答えるのがやっと。
「今は大丈夫なのですね?それと手術の痕はありますか?」
「はっ?・・・・はい。小さな痕ですけど・・・」
「少し診ましょう。ズボンを脱いで診察台に横になって」
ええっ!僕は驚いた。だってそんな子供の頃の手術だって言ってるのに。
何で今更診る必要があるの?
でも女医さんの目は笑ってないし、自分で脱いだものを入れるための籠をすでに持ってくるために動き始めています。

僕は、恥ずかしさで顔が火照っていたと思います。耳から頬にかけてすごい熱さを感じていましたから。
そして言われるままに抵抗もできずにジーンズを脱ぎました。
「下着も取ってください」
女医さんの言葉は半分命令に聞こえました。
下半身丸出しで僕は診察台に横になりました。
「切ったのはこのあたりかしら?」
女医さんは、ちょうど陰毛の生え際から少し下、陰茎の付け根より少し上あたりを指でなぞっています。
さすがに医師です。その場所はほぼ的確です。小さな手術跡にたどり着いたはずです。
僕はその指で触られる感覚にからだが硬直してしまいました。
気持ち悪いのでもなく、くすぐったいのでもなく、ただ「ぞくっ」とする感覚。
そして僕の陰茎に変化が出そうなのを感じました。
いや!まずい!いまここで勃起したらまずい!
でもそう思えば思うほど、僕の陰茎には血流が注ぎ込んでいきます。
そしてあっという間に硬く大きくなって上を向いてしまいました。

「このあたりは痛くないですか?」
女医さんは、僕の勃起にはまったく触れずに陰茎や袋の付け根部分を指で押していきます。
最初、人差し指だけで押していたのを徐々に親指も使って包むようなかたちで押します。
さらにそれを両手で行う、つまり僕のおちんちん全体の付け根を丸く包み込んでいきました。
「これも痛みはありませんね?」
ぐぐっと、その両手には力が込められてきました。そして僕のおちんちん全部の根元を締上げるまで
強くなってきました。人差し指と親指には特に力が入って、根元を強く掴みこんできます。
「ちょっと痛いです。もう・・・」
僕は、それほど強い痛みを感じたわけではありませんが、その女医さんの行動に恐怖を覚えて、
とにかく止めさせようとそんな言葉で応じたのです。

tem51004-09_20090323181750.jpg

「・・・・」女医さんの口からは何も言葉がでなくなりました。
しかしその指にはさらに力が加わってきます。
女医さんの目は、僕のおちんちんに注がれたまま動きません。
掴みあげた陰嚢を持ち上げました。
そして片方の手で陰嚢の根元を強く掴んだ持ち上げたまま、もう片方の手の指で睾丸を摘みました。

jpUP10_20090323181724.jpg

「きいいいい!」
僕は下腹部から胸そして頭のてっぺんまで突き抜けるような痛烈な痛みを感じています。
僕は女医さんの腕を掴もうとして両手を伸ばします。
でもからだはひどく硬直して動かすことができません。
『金玉を握られるた男は観念するしかない』 
その格言のようなことばが一瞬頭をよぎりました。
女医さんは、掴んだ指にすこしづつ力を加えていきます。
その痛みは極限を超えて、僕の胃からは内容物が食道まで上ってきて息ができなくなりそして目の前が真っ青に変化してきました。
「げほおおおおおおお・・・!」僕は、止めて!ということばも発することができず、ただ喉から搾り出すような悲鳴しかあげられませんでした。

「どう目が醒めたかしら?」
女医さんの顔がすぐ上に見えました。
僕は気絶していたようです。
視野がはっきりしてきて女医さんの顔と同時に回りの風景を見ることができました。
さっきの診察室とは違う部屋でした。
そして僕は全裸で、両手両足は大の字に拡げられて皮バンドで固定されていることに気づきました。
背中にはひんやりした金属のような感触がありました。

IMG_0419.jpg
画像は本文とは関係ありません

(作 tortureking 本編は抜粋です)
もっと→FC2 Blog Ranking

EROエロNAVIEROエロNAVI



この扉は別世界への扉です。目や耳や心だけの世界ではなく、創造を越えたすばらしいエロへの旅。あなたは今マニアックマックス1の世界へ入ろうとしているのです。自薦他薦、変態の方、大歓迎です。
マニアックマックス1のサイトをいざ叩かん。そこはアダルトの桃源郷。平成のパラダイス。酒池絶倫。



オリジナル痴女動画専門サイト、遂にオープン!!
ごく普通のお隣の奥様や、普段は大人しく従順そうな奥様が、肉欲を覚醒し『痴女』に変身、、、!旦那様にはゥせられない本当の姿をオリジナル高画質動画でアナタだけに・・・毎月30〜50本更新予定!







生ハメ・中出し!素人無修正動画「エッチな4610」

生ハメにこだわったサイト「エッチな4610」!! 無修正だから全て丸見えです!





BOOTS





性器作品リスト

nobiru1.jpg

義姉女臭006
義姉女臭

センタービレッジ













少年とおばちゃん
佳子は不良にからまれていた少年を救い出した。
自分に何であんな勇気があったのか不思議だが、甚振られていた少年をみた瞬間大きな声を出していた。
「あんたたち!何してんの!警察呼ぶわよ」
その迫力ある声に圧倒されたか、2人の不良は少年を置いて逃げていった。

「だいじょうぶ?怪我はない?」
「あら血がでてるわよ。おばちゃんのうちはこのすぐ近くだから来なさい」
「大丈夫、おばちゃんはもと看護婦だから、ちゃんと診てあげるからね」
佳子は、少年を家に連れて帰った。
今日、夫は宿直で泊まりだ。だから家には佳子ひとりだった。

佳子夫婦に子供はいない。
結婚して20年になるが、子供を授かることはなかった。

少年の名前は和樹。隣町の中学2年だ。
身長は175センチ、細身で色白、端正な顔立ちをしていた。
佳子は、不良に殴られて血を流していた和樹を見た瞬間、何かからだに電流が走るような感覚に襲われた。
「美しい」ただそれだけだった。
そして、自分でも考えられないような行動に出たのだった。そう、「おばちゃんのうちに来なさい」という。

「とにかく傷の手当てをしないとね。口の中を見せて」
「手にも切り傷があるわね」
「それと・・・もしかして下腹部は痛くない?」
不良に痛めつけられているときに股間を蹴られるのを見たのだ。

「あっいえ、それは大丈夫だと思います・・・」それまでほとんど口を開かなかった和樹が応えた。
「だめよ!男の子にとって『あそこ』は大切なところなんだから、ちゃんとしとかないと!」
「うんそうね、じゃあとにかく傷を洗うという意味でもシャワーを浴びてらっしゃい」
佳子は、何で自分がそこまでてきぱきと少年に指示できるのか不思議だった。
でも言うより早く、からだが動いていた。
風呂場のガスを点けてさらにバスタオルも準備した。
「これ使っていいからね。とにかくまず泥を落として」
「いえ・・・でもそこまで・・・」和樹が戸惑う間もなく、「いいから!いいから!とにかく浴びなさい!」

佳子の勢いに押されて和樹はシャワーを浴び始めた。
「だいじょうぶ?洗うの手伝ってあげようか?」
佳子はすでに自分も全裸になって風呂場に入った。
驚いた和樹は、佳子に背を向けて前かがみになった。
後ろから近づいた佳子は、シャワーのノズルを和樹から取り上げて、和樹の背中に温水を浴びせ始めた。

「後ろは大丈夫みたいね。特に傷もないし」
「じゃあ前を向いて御覧なさい」
固まったように動かない和樹の肩を持ってからだを回転させた。
和樹の陰茎は大きく勃起していた。手で隠しそうとしていたが、その大きな棒は佳子にもはっきり見えた。
「いいのよ、若いんだから気にしなくても」
「さあ、からだ全体をよく見せてごらんなさい」
佳子はシャワーで温水を浴びせるのを胸から初めて、すこしづつ下半身に下がったいった。
大きく直立した性器を隠そうとしていた和樹の両手を軽く掃って、それを顕にした。
すこし遠くからシャワーを浴びせながら、佳子は和樹の陰嚢に手を触れた。
和樹のからだがびくっと反応した。
「痛くないかしら?」「ここはどう?」
佳子の指は、陰嚢から陰茎へとなぞるように動いた。

nikkiehandjob.jpgもっと→FC2 Blog Ranking



EROエロNAVIEROエロNAVI


白人、黒人、素人、アニメ、コスプレ、インタラクティブムービー、レズ、ゲイ、バイ、フェチ、SM、のぞき、etc…ここまで揃えて月々$45、しかも全て無修正動画アメリカンポルノの全てを備えた米国性動画通信リニューアルオープン!


妊婦から韓流まで、性の総合デパート、マニアックマックス1!!


「甘い言葉より、精子をちょうだい・・・」ごく普通のお隣の奥様が、、、、肉欲を覚醒し痴女に変わる・・・そんな瞬間を高画質大画面でお楽しみいただけます。オリジナル作品も多数配信しています。







「引き締まったボディの女子アスリートに、メチャクチャに犯されたい…」そんな逆レイプ願望を持つM男君に朗報です!5人のスレンダーなAV女優たちが陸上選手に扮し、か弱い男を徹底的にヤッちゃうんです!!


スパイ拷問












Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog