FC2ブログ
性器拷問の世界
広義のSMではなく、男性器への拷問だけという非常に狭義なMをあつかったブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性警察官安西ひろこ5
まあそろそろいいかな。それから15分くらい経ったところで、私は止めさせた。
恭子が皮ひもを外すした。
その瞬間、男の陰茎の先端からどぴゅっと精液が勢い良く飛び出した。
「ふん、男としての最後の射精だからよく覚えておくんだね」
「えっ・・・最後って、どういうことですか?」男は少し上気して赤くなった
顔で訊いた。

「ペニス骨折って聞いたことある?」
こんどは私が男の陰茎を掴んで、前後にしごいた。
ほんとはこんな汚らわしい男のおちんちんなんて触りたくはないけど、
痛めつけるためなら仕方ないか。
さっき射精したばかりにもかかわらず、若い男のおちんちんは
すぐに勃起回復し始めた。
「ああ」何も知らない男はまた単純に気持ちよさを受け入れた。
ばかなやつ!これから起きるひどいことも知らずにね。
男の陰茎は再び完全に勃起した。
私は右手で陰茎の根元を押さえ、左手で先端を握った。
そして右手を梃子にして左手を力いっぱい下に折り曲げた。
棒を折るのと同じだと思ってくれれば良いです。
「ぽきっ」かすかな音がした。同時に、
「うっうぎゃああ、ひいい」男が悲鳴を上げた。
陰茎は海綿体でできています。そこに血液が流れ込んで硬くなる。
骨ではないけど、骨折と同じ現象はおきるそうです。
男の陰茎は真ん中で折れ曲がって、だらりと垂れ下がっている。
「ひゃはっははは」恭子が笑い声をあげる。

「恭子、万力を準備しな」
恭子は木製の万力を持ってきた。これは私が作ったもの。
原理は単純。板と板を大きな螺子でつないだだけ。
板と板の間に何かを挟んで2つの螺子をすこしずつ締めていく。
挟まれたものは徐々に圧迫され最後にはつぶれる。
それだけのもの。
恭子は万力で男の金玉を挟んだ。そのまま万力が落下しないように
すこし螺子を締める。
「ああっくうう」その時点で男は金玉への圧迫の痛みで声を出す。
まだ螺子はほんの少し締まっただけなのに。
万力が金玉を挟んだ状態でぶら下がっている。
「まさか!冗談でしょう・・・本気で・・・僕の玉を潰すんですか?そんなあ・・・
やめて、お願い、そんなこと犯罪じゃない!」
犯罪者が何を言う!と思いながら、言ってやった。
「おまえを楽にしてやるんだよ。こんなもんぶら下げてるから女に被害を与えるようなことするんだ。これがなくなったらもう無害な男さ」

子孫を残すためには精子は必要。でもそのためだけに取り出せばいいのよ。
私は子供が欲しい。それも男の子。私一人で育てて、私好みの子にするの。
でも絶対男の陰茎は私に入れさせない。
精子だけ取り出して私の卵子で受精させる。それでいい。

私はもうそろそろ終いにしようと思っていた。
ぶら下がった万力の螺子を片方ずつ締めていった。
「あっぎゃああ、うくううう」
万力の板が金玉のかたちを徐々にひしゃげさせていく。
「うげえええ、げほっげほっ、ぐはあああああ」
男の悲鳴は咳き込むような声に変わっていく。
睾丸へ与えられる苦痛は身体の他の箇所への苦痛と違うと聞いた。
吐き気をもよおすような下半身への激しい痛みと激熱が
気を失わせるほど激しいと。
女にとっての激痛は?まずは陣痛。これは絶対に男には理解できない。
生理痛?うーん、そうね、これは下半身への鈍痛という意味では、
金玉への攻撃による痛みと似てるのかなあ?
まあいずれにしても女には判らないのはしょうがないね。

「あがあああ、お願い・・・助けて・・・くうう」
金玉が破裂寸前のところで、私は螺子を緩めた。
「先輩、どうしたの?今日は潰さないの?」
恭子が訊いた。
「まあね、いつもそこまでするばかりじゃ能が無いしね。今日はこれで十分だろ」
私は何故か面倒くさい思いに駆られていた。
万力を外され、手かせから開放された男は床に崩れ落ちて動かなくなった。
陰茎の先端からは小便が漏れ出していた。

これから数日は陰嚢が倍以上に腫れて、炎症の痛みに苦しむことだろう。

「先輩・・・ひろこ姉ちゃん、恭子ね、あそこが濡れてきちゃった。早く欲しい・・・」
恭子が甘えた声で言う。
「わかったよ、寮に帰ったらたっぷり可愛がってやるから我慢しな」
私は今晩の恭子とのセックスを想像しながらも、この男をどこで捨てようか?
それを考え始めていた。
(了)
(この物語はフィクションで、実在の団体・人物とは一切関係ありません)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
女性警察官安西ひろこ4
中学生になるころには私は地域でちょっと有名になっていた。
女だてらに喧嘩をする。それも男相手に。そして最後には
金蹴りで相手を負かす強い女だと。
でも決してヤンキーではなかった。私はただ男が嫌いだっただけ。

私の男に対する嫌悪感をさらに決定的にしたことがある。
それは私が中学2年のときのこと。
背が高かった私はバスケットボール部に所属していた。
大会を間近に控えて激しい練習が続いていたころ。
その日、生理が予想外に早くきてしまった。
途中で練習を抜けるわけにもいかず、ばれないように何とかそのまま
続けた。
練習が終わるやすぐにトイレに駆け込もうとした。
「安西!ちょっと待て」顧問の教師に呼ばれた。
私は自分が生理であることを男の教師に知られたく
なかった。だから下半身をできるだけユニフォームの
上着で隠すようにして近づいた。
「ちょっと話がある。おれの部屋に来い」
教師の部屋は体育館の一角にあった。
部活が終わる時間にはほかの教師も生徒もいない。
つまり二人きり。
教師は私を立たせたまま、自分は椅子に腰掛けて話し始めた。
「今日はどうした?動きにいつもの切れが無かったぞ」
そりょそうよ。だって体調悪いんだから。
でも、そんなことは絶対言いたくない。
「いえ、ちょっと調子がでなくて・・・」
私はつい下半身を隠すような仕草をしてしまった。
「うん、なんだ腹痛か?」
教師の視線が私の下半身に移ったのをはっきり感じた。
「大丈夫か。ちょっと見せてみろ」
教師は両手で私の腰をつかんだ。
なっ何をするのよ!私は思い切り腰を引いて、両手で教師の
肩を押した。
「安西!」そういうと、教師は私の腰に抱きついてきた。
必死にもがいて抵抗したが、身長180?筋肉隆々の教師の
力は強烈だ。
「やめて!やめろ!」
私は教師の顔に手を当てて爪を立てて引掻こうとした。
教師は素早かった。その手をつかむとねじるように私のからだの後ろへ
まわした。
ううっ痛い!関節がぎしっとひねられて、両腕が動かない。
そのまま床に倒された。身動きできない私に教師は覆いかぶさってきた。
教師の手は私の短パンをずらし下ろした。下着も一緒に膝まで
脱がされた。
太ももをつたってあそこから血が流れるのがわかった。
教師は自分のジャージーも片手で剥がすように脱いだ。
私の腿に硬い棒状の物体があたる感触がした。
教師はキスをしようと口を近づけてきたが、私は顔を左右に振って、
唇を強く閉めて抵抗した。
教師の右手が私のあそこをまさぐろうとしていた。
突然教師は手を止めた。そして自分の指先を見た。
間違いなく血がついていたはずだ。
「うっそうか・・・すまん“あれ”だったか」
一瞬、教師の動きは停止した。
私は膝まで短パンを下ろされた足を蹴り上げて教師の金玉に膝を
打ち付けた。
「うっぐう」教師は腰を引いて、金玉を押えて横に倒れこんだ。
私は拳で教師の鼻にパンチを入れた。
教師の手が金玉から離れて鼻を押える。教師の金玉は無防備になった。
私はからだを起こして、こんどは金玉に思い切り拳を叩き付けた。
「うぎゃああ」すさまじい悲鳴だった。
私は短パンを履きなおして、床で苦しむ教師を残して
部屋を出た。

私はそのことを誰にも話さなかった。教師が自らそのことを公にするはずもない。
だからいっさい事件とはならなかった。
ただ教師はそれ以後しばらく勤務を休み、そしてバスケットの顧問を
辞め、さらに数週間後には突然転勤していった。

若い男の悲鳴は廃墟の中で響いていた。
睾丸がどれくらいの圧力で潰れるかは経験済みだったのでわかっている。
まだ終わらせるつもりはなかったので、角材を押し付けるのを止めた。
激痛から解放された男は、ぐぐうううと呻くような声を出して、ただうなだれている。
「苦しいか?ふふふ」
私は恭子に皮ひもを準備するように指示した。
恭子は自分のバッグから細い皮ひもを取り出して持ってきた。
「天国と地獄ね?」
いわずとも恭子は合点していた。
そして恭子は男の陰茎を手でしごき始めた。
はあ?男は驚いて顔をあげて私を見た。
私は何も言わずに薄笑いをしてやった。
若い男の陰茎は反応をし始め、硬化してきた。
半分くらい硬くなったところで、恭子は皮ひもを
陰茎の根元に回した。
そして皮ひもできつく根元を縛った。
恭子の手はまた男の陰茎をしごく。
恭子の手の動きは絶妙だ。強すぎず弱すぎず。
ふわっと触るように、でもしっかり陰茎の皮を捉えて
ぐにゅぐにゅっとピストン運動を繰り返す。
「ああ、ああ」男は快感に声をあげる。
しかしそれがすこしづつ違った声になってくる。
「あっう、あっ痛ううう、あっぐう」
明らかに苦痛の表情に変わっていった。
そう完全に勃起すると、根元に縛り付けた細い皮ひもが
圧迫を始める。
快感が高まって射精したくなるくらい気持ちよくなっても、
根元を縛ってあるので射精できない。
血が逆流しないから軟らかくもならない。
根元の圧迫による痛みと射精したくてもできない苦痛とがダブルで
襲っているのだ。
ぬるっぬるっと、恭子の手の動きはますます快感を高めるものになっていた。
「お、お願い、逝かせて・・・くだ・・・さい」男は苦しさで声もでなくなりつつある。
「ひゃはは、先輩、見て見てこいつ苦しそう。私って上手?」
「ああ、上手だよ」
(この物語はフィクションで実在の団体人物とは関係ありません)


adult.japandeep.com

>>続きを読む
女性警察官安西ひろこ3
私の父は私が生まれてすぐに死んだ。
その後母は再婚し、
再婚した後、義理の弟が生まれた。
義父は私に気を遣ってくれてたと思う。
自分の子供は叱っても私が叱られることはなかった。
そんな義父を私は憎んでいる。
なぜかって?それは・・・
私が小学生高学年になるにつれて、義父は
私のからだに触ることが多くなった。
やさしいことばで「ひろこはほんとに背が高くなったなあ」
なんて言いながら、私の肩から背中を擦るように触る。
「髪もきれいだな、お母さんと一緒だ」そう言って、
髪に触りながら、うなじ辺りに指を這わせたり。
そんな義父の行動を私は嫌だったけど、
母への気遣いから何も言わずに耐えていた。
でも決定的に許せないことが起きた。

それは私が小学5年のときのこと。
その当時、家族は一部屋で寝ていた。
8畳の部屋と3畳の板の間、台所そして納戸と風呂しかない家だったから。
いつも8畳の部屋で全員並んで寝た。義父は私の横だった。
最初は義父と母がそれぞれ端っこで子供たちを囲んでいて、母が私の横だった。
「ひろゆきは夜中にトイレに行くからお母さんのとなりがいいだろう」
ひろゆきは再婚後に生まれた弟。幼稚園児だった。
義父のそんな提案で私が義父と並ぶことになった。
母もまさか夫がそんなことしようとは思ってもみなかったのだろう、別段
反対せずに従った。

ある晩、みんなが寝静まった夜中。
私は手におかしな感触を感じて目を覚ました。
義父が、私の布団へ手を入れてきて、私の手を
自分のほうへ引き寄せていたのだ。
そして、それを自分の股間へ持っていこうとしている。
私は手を引っ込めようと強く抵抗したけど、男の力には
敵わない。
義父は右手で私の手をつかみながら、左手で自分のパジャマとパンツを下げた。
そのままおちんちんのところまで手が行った。
私は必死に手を握って抵抗していた。
そしたら手の甲に、ねちゃっとした粘膜的な感触と生暖かい温度を感じた。
間違いなく、そこは硬く大きくなっていたのだろう。
皮膚の感覚と同時に骨のような硬さの棒の感触を手の甲に感じていたから。
声は出せなかった。母に気づかれたくなかったから。
でもとにかく気持ち悪かった。
義父は小さく「ふうふう」と息を吐いているみたいだった。
手を離されるまで、どれくらい時間が経ったかよく憶えてないけど、
長かったとしか言えない。そしてとにかく悲しかった。
私はそのことを、母にも誰にも言えなかった。
そんな義父の“許しがたい行為”はその後もしばらく続いた。
そしてさらに酷いことをこの男は私にした。

あるとき私が学校から家に戻ると、義父がひとりだった。
「今日、母さんはひろゆきといっしょに母さんの実家に泊まってくる。おばあさん
がたまには孫と一緒にいたいというからね」
「だから夕食はひろこと私の二人だよ、何が食べたい?」
義父は優しいことばを口にした。
でも私はその目をみた瞬間、鳥肌が立つような悪寒を感じた。
出前の夕食が終わって、私は宿題を片付けていた。
「ひろこ、先に風呂に入ってしまいなさい」
「・・・ううん、今日は入らない」
私は義父と二人だけの時に風呂に入るなんて考えたくなかった。
「だめだよ!ちゃんとお風呂に入ってあったかくして寝ないと
風邪を引くよ。さあ」
いいってば!だめだよ!そんなやりとりが続いた。
私は面倒くさくなって「わかった、いま入る」と言ってしまった。

風呂場は家の裏手にある小さなものだった。
脱衣場所で脱いだ下着をすぐに洗濯機に入れた。
新しい下着は見えないようにタオルで覆う。
万一にでも義父に見られたくなかったから。
小さなバスタブに浸かってすこしほっとしていた。

そのときだった。風呂場の脱衣場で服を脱ぐ音がしてきた。
私は、えっまさか!そんな絶対に有得ない!と思いながら、お湯の中で
身を硬くした。
がらっと扉を開けて入ってきたのは全裸の男、そう義父だった。
「ひろこ、初めてだけど二人で入るのもいいだろう?親子なんだから」
何言ってるの!冗談じゃない!はやく出て行って!
私は心の中で叫んだ。でも声には出せなかった。
ただバスタブでからだをすくめて義父を見ないようにしていた。
「ひろこ、ごめんな。いやだったらすぐに父さんは出るけど、まあ顔をあげなさい」
私はおそるおそる顔を上げた。
義父は狭い洗場に仁王立ちになっていた。
目の前に、大きな肉の棒が見えた。毛むくじゃらの股間からそそり立つように
上を向いている。
私はまたすぐに下を向いた。
「ほらよく見て、ここから大切な精子が出るんだぞ」
バスタブに近づいてきて、
そして私の頭をつかんで無理やり上を向かせた。
縦に口がある蛇の頭のような丸いかたちが目に入った。
先端の割れ目からは液体がしみ出て、光ってみえた。
義父は、いきなりバスタブの中に手を入れきて私の腕を掴んで、
そして強く引っ張った。
私は力をこめて腕を持ち上げられまいとしたけど、その力には抗えなかった。
「ほらちょっと触ってごらん。おまえも大人になったら経験するんだから」
強引に私の手を自分の硬くなったものにくっつける。
そして無理やり指を広げて、陰茎を握らせようとする。
私は、腕をとられながらも、身体を絶対に見られたくないと思って、
お湯の中でうずくまっていた。
強く引っ張られている腕だけがすごく痛い。
誰か助けて!叫びたくても声が出ない。
義父は、無理やり握らせた私の手を、自分の手で上から押さえつけて、
そしてそのまま前後にしごきはじめた。
まもなく義父の口からは「はあはあ」という声が漏れてきた。
手は徐々に前後の動きを早めていった。
義父は片手で私の髪の毛を荒っぽくつかんで再び顔をあげさせた。
痛い!私は頭の皮が剥れるんじゃないかと思った。
「ふうう、ちょっとだけ口にいれさせておくれ、さあ」
陰茎の先っぽを私の口に押し付けてきた。
必死に口を閉じていたけど、ぬるぬるした液体をまとった硬い肉の先端が
何度も唇をこじ開けようとする。

私はただ早く終わって欲しい、それだけでじっと我慢していた。
でも突然、私の中で何かが弾けた。
そして強烈な怒りがこみ上げてきた。
なんで私がこんなことで辛い思いをしなくちゃいけないんだ!
このまま一生こんないやな目に合い続けるの?
私は、目の前に突き出されていた陰茎の先っぽに噛み付いた。
思い切り歯を立てて顎に力をこめた。
ぐにゃっとした感触に歯がめり込むように感じた。
「ぎゃああ」
悲鳴を上げながら、義父は、私の頭をばんばんと叩いた。
どれくらい噛んでいただろうか。
「うぐううう」
私が陰茎を吐き出すように放すと
義父は風呂場にうずくまって苦しそうに呻いた。
私はうずくまる義父を押しのけて急いで風呂場を出た。
風呂場の床に血が流れていたようにも見えた。
それに口の中にも血の味が残っていたように感じる。

それ以来、義父は私には手を出してこなかった。
それに態度もそれまでとは打って変わってよそよそしいものになった。
私は、義父を許したことはない。そして男の性も。
(この物語はフィクションで実在の団体人物とは関係ありません)
玉潰し
女性警官の話はこの後またアップします。
その前に以前から気になっていた、
というより非常に気に入っている記事を掲載します。
これは2ch系の掲示板にアップされていたものを、偶然「玉つぶし」のキーワード検索から発見したものです。2004年の日付になっています。さらにその前後で語られているスレッドとは
まったく無関係の内容です。興味をもってさらに検索していくと、
同じ内容のものが別の掲示板にありました。
同一人物が掲載したのか、別人が頂戴して別立てで載せたのかは解りません。
いずれにしても内容には真実味が感じられます。
そして大変興奮させれらます。
ぜひその全文を転載したいと思います。
記事掲載者からの了解を得ようと掲示板にあったメールアドレスへ送信しましたが、
メールアドレスは既に閉鎖されているようでしたので、勝手に参照させてもらいます。
もし「いい気分さん」あるいはお心当たりのかたがありましたら、ご一報ください。

(引用)
14 :いい気分さん:04/11/19 22:07:57http://life7.2ch.net/test/read.cgi/conv/1100854268/
俺の彼女の友人がヤクザ(暴力団?)の女で、
その女性から聞いた話。又聞きなんだけど、
脅しとかで、マジで金玉とか潰すんだって。
なぜだか知らないけど、
女の方が躊躇なく潰すから、もっぱら女が専門に潰すらしいよ。
なんか変な道具があるらしい。

昨日、その女性と飲みましたよ。
で、聞き出しました。
どこまでホントかは判別できませんでしたが、(彼女が酔っていて)
彼女の話を忠実に記したいと思います。
男に何も知らせず、部屋に監禁し、3日間絶食させます。
マグコロール(?)とかいう下剤のような飲み物を数本用意しておき、
それを飲ませます。というより、空腹のため、必然的に飲むらしいです。
簡易トイレを置いておき、そこにさせます。
3日目にはひどい下痢のため、体が少し衰弱します。
そこで数人で男を押さえつけ、パンツ一枚にして、
両手両足をロープで縛ります。
エビぞりの形にして、再び手足をロープで縛ります。
タオルで目隠しをし、口の中にゴルフボールを入れ、ガムテープを張り付けます。
ここまで準備すると、すごすごと男達は退散します。
見ていられないとのことらしいです。
15 :いい気分さん:04/11/19 22:08:35
そこまで見ていた30歳くらいの女性が二人、
板の間に転がっている男のパンツをカッターで切って、
ペニスと睾丸を露わにします。
このとき、100%、勃起するらしいんです。
ペニスに数枚コンドームを被せます。
そして、どちらかの睾丸を潰し器に挟み、躊躇なく一気に潰します。
潰す時間は数秒。
すかさず、もう一つを挟み、同じようにして、一気に潰します。
男は体を強ばらせて、停止するらしいです。
5~7秒おきにひどい痙攣を起こし、鼻から胃液を出します。
首が収縮して、体にめり込んだように見えるらしく、おかしいんだそうです。
肛門が開きっぱなしになり、黄色い液体が垂れ流しになります。
もう一人間の女性は、見届け役で、始終タバコを吸っています。
しばらくすると、見届け役の女性が、ペニスにつけられたコンドームを確認するらしいです。
血尿や精液など、いろいろな液体が出ているのを見るのです。
そして、潰れた睾丸の根本をひもで縛ります。
陰嚢がパンパンになっしまうからです。
十数人、犠牲になった男がいるらしいのですが、
数人は確かにショック死したそうです。
医者に数百万支払って、適当な病名(心筋梗塞など)をつけてもらい、
すべてが終わるらしいです。
運良く生きている男も、ホルモンバランスがおかしくなって、
自殺したりすることもあったそうです。
(引用了)

内容的には報復あるいは落としまえをつけさせる意味での私刑(リンチ)なのだろうと想像します。
そして、絶食などの措置もそれまでの経験から考え出された方法なのでしょう。
極度の激痛で、糞尿垂れ流しや嘔吐などが頻発したためにそれを未然に防ごうとしていることがよく分かります。
何が興奮させれるかといえば、リアルな内容とともに、女性が非常に冷静にこの刑?の執行を担っていることです。
やはりこういうものは余計な演出も修飾のなく淡々と事実を描いていることが大事だと思います。
残念なのは、この器具がどのようなものかのかが解らないことです。
この件についてさらに関連記事や掲示板への投稿がないか調べましたが、上記2件以外は発見できていません。
>>続きを読む
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。