FC2ブログ
性器拷問の世界
広義のSMではなく、男性器への拷問だけという非常に狭義なMをあつかったブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性警察官安西ひろこ2
そこは郊外の潰れた町工場の廃墟。
私達の秘密基地みたいなところ。
ここならミニパトが停まっていても気づかれない。
それにどんなに悲鳴が上がろうが騒音がしようが誰にも聞こえない。
そんな秘密の場所。
ミニパトはその入り口で停まった。
「ここは・・・どこですか?」
若い男は周りを見回しながら聞いてきた。
「さあ、降りな!」
私はもう説明なんて面倒くさいことをするつもりはなかった。
「中に入りな」
車のドアを開けたとたん、下半身裸の男は後方に走り出そうとした。
私はとっさに男の足に右足をひっかけた。
男は前方に跳んだ。
勢い良くつんのめった男はコンクリートに思い切りからだを擦り付けて
そのままの姿勢でうなった。
「うう・・・」男は起き上がれない。
這い蹲るような格好の男。後ろから見た男の下半身は、
ちょうど女性用の赤い下着が、褌のごとく金玉を丸く包み込んでいる。

それじゃまるで蹴ってくださいと云っているようだ。
私は男の金玉に後ろから蹴りを入れた。
「うぎゃあ」男はからだを一瞬海老のように句の字に曲げて、股間
両手で押さえて、
「ぐううう」呻っている。

呻る男を恭子とふたりで無理やり立たせた。
「さっさと歩きな!また蹴られたいのか」
よろよろ歩く男を廃墟の奥へと連れて行く。
壁際まで来たところで、
「さあ着てるものを全部脱ぎな」
私が命令した。
男はワイシャツを着ていた。
その下には何を着けているかは明らかだった。
「こんなことおまわりさんがしていいんですか?」
ワイシャツのボタンをはずしながら男が弱々しく口を開いた。
「おまわりさんだとう?てめえばかにしてんのか!」
恭子が男に平手打ちを食らわす。
「ひえ」男は両手で顔を覆ってまた蹲る。
「いいよ!恭子、あとでたっぷり痛めつければ」
私のことばで恭子は一歩下がる。

ワイシャツを脱いだ男の胸には、予想どおりブラジャーが着いていた。
「おまえ、そんな格好で普段仕事してんのか?」
「すみません。僕は・・・」男は慣れた手つきでブラジャーも外す。
「下着を盗むのは、自分が着けたいからか?それとも使用済み下着が趣味なの?」私はちょっとだけやさしい口調で訊いてみた。
「女性が着けていた下着をこっそり自分でもつけるのが快感なんです」
男は小さな声で応えた。
「まあ『女の敵』には違いないね」
私にとってみれば窃盗の動機なんてどうでもよかった。
「その壁を背にしてまっすぐ立ちな!」
赤いパンティをつけただけの男が壁を背にして立つ。首はうなだれている。
「お願いします。あそこを蹴るのだけはもう勘弁してください」
直接私の目を見ることなく、力なく言う。
「恭子、そこのケーブルで両手を縛りな、それで上のパイプにね」
私は恭子に命じた。
恭子は落ちていたケーブルで男の両手を縛り、その一端を男の頭上を壁伝いに
這うパイプに結びつけた。
手際のいい恭子に男は抵抗することなく、ただ「ああ・・・」と
男は両手を挙げた状態で、完全に無防備となった。
「恭子、そいつのそのみっともない下着をとっちゃいな」
恭子は「はーい」と軽い返事をして、男がただ一枚つけていた、
真っ赤なパンティを両手で足首まで一気に引き落とした。
「ひゃはは、先輩見て!こいつのちんちん半勃起してる」
男の陰茎は少し膨らんで起ちかけていた。
ばかなやつ!こいつちょっとマゾ的な性向があるんだろうか?
もしかして、これから私達がおまえの好むような行為をしてくれるかもしれないと
期待してるんだろうか。
ふっ、そんなわけないだろ!
私は心の中で、ますます憎悪が増していた。
私は男に近づいて、男の顎をつかんで言ってやった。
「何期待してんだよ?気持ち良いことしてもらえると
思ったの?ばか、そんなわけないだろ!はっきり言ってやる。
男に生まれたことを後悔させてやるよ。
殺して欲しいって思うくらい苦しめてやるからな」
低く冷静に放った私の言葉はリアルだった。
「・・・いえ、ごめんなさい。ほんとにごめんなさい。お金なら
払います。それにどんなことでもやれというならやります。
でも、お願い!痛いことはやめて!」

「恭子、そこの鉄パイプ取ってきて」
恭子が工事足場用の鉄パイプを持ってきた。
鉄パイプの先端を、まずは男の胸に押し付けた。
強く押し付けた先端を、ぐりぐりと回転させる。
「あぎゃああ」男が悲鳴をあげる。
鉄パイプの先端が丸く皮膚を裂いて、血が流れ出した。
同じように次は男の腹部の皮膚を裂く。
「痛いよう、うぐあああ」
男の悲鳴が廃墟の工場内に響く。

「さあ、これからが本番だよ」
手首のスナップを効かせて下から鉄パイプを男の股間に命中させた。
「うぎゃあ」男はからだを激しく前のめりさせるようにした。
しかし、両手を頭上で縛られているので、からだは途中までしか
前のめりにならない。
「やめてくれええ」
ごほっごほっ男は咳き込むように叫ぶ。
そして精一杯股間を閉じて、自分の性器を守ろうとしている。
「恭子そこの木の棒をとってくれる」
私は鉄パイプの次に角材を手にした。
からだを捩じらせ股間を閉じて、必死に自分の急所を攻撃
させまいとしている男。
ふん!だらしない男。そう、みんな男って情けない。
「ほら、じっとしてろよ」
私は角材の先端を男のタマにあてがった。
「いやだあ、やめてええ」
男はまるで女性が叫ぶような声をあげた。
角材をすこしづつめり込ませるように押し付けていく。
「あいい、痛あああ、うくくく・・・」
男は何とか下半身を動かして痛みから逃れようとするが、
壁に押し付けられたからだはもう身動きがとれない。
角材はさらに金玉をひらたく押し込んでいく。
「あひいいい!あぎゃああああ」
男の悲鳴は完全に泣き声に変わっていく。
(この物語はフィクションで実在の人物とは関係ありません)
>>続きを読む
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
女性警察官安西ひろこ1
私の名前は安西ひろこ。職業は女性警察官
以前は婦人警察官あるいは婦警なんて呼ばれていたけれど、最近は女性警官になっている。
それでも『婦警』さんと呼びたがる人が多いわね。特に男は。
私の現在の所属は交通警ら課。
でも希望は刑事課への転属。
そして捜査一課の強姦犯罪専従の捜査チームへの編入。
“女の敵”強姦魔を徹底的に追い詰めてやりたい。そう思ってる。
本当はね、逮捕なんて生ぬるい方法じゃなくて、即刻罰してやりたい。
逮捕してその場で、男のあの“ぶらぶらしてるやつ”を切り落とすかぶっ潰してやりたいと思ってる。そして2度と男として生きていけないようにしてやりたい。
立場上それはできないけどね・・・。

私が何でこんなに男を憎んでいるか?あとで話すね。

今日は後輩の恭子と一緒に住宅街の駐車禁止地区巡回。
私の身長は165cm。自分でいうのも変だけど、スリムに引き締まったからだには制服がよく似合ってると思っている。
駐車違反の車を1台づつマーキングチョークでチェックしていく。
規定時間が経過しても移動していない車は即レッカー車の出動を要請する。

「あの車ちょっと不審じゃありません?」
住宅街の裏道を通過していたとき、恭子が路肩に停車している車を指差した。
その車の運転席には人影が。寝ているのか・・・?
いや微かに動いている。
その車の前方にミニパトを止めて、ミラー越しに運転席を見た。
若い男と目が合った。男はひどく動揺している。
慌てて運転席の下で何かを隠してるようす。
明らかに不審な行為。私はミニパトを降りて、恭子とふたりで注意して
その車に近づいた。
「もしもしここは駐停車禁止のところですよ」
「!」私はその若い男の姿を見て息を呑んだ。
男の下半身は裸だった。
正確に言うと、下着は着けていた。そして膝のところでパンティストッキングが留まっている。
それはどうみてもちょうどパンティストッキングを脱ごうとしていたとしか見えない。
そして下着は女性用のショーツだった。それも真っ赤な。
若い男は顔を伏せてただじっとしている。助手席には大きな紙袋がある。
「何このひと?」恭子が大声をあげた。
私は恭子に静かにするように合図して、車のウインドウ越しに
話しかけた。
「ここで何をしてるんですか?それとその横に置いてある紙袋の中身は何でしょうか?」
愚問とはわかっていたが、一応形式的な質問はしないといけないからね。

云うまでもなく、この男は女装趣味者。そして疑ったとおりに紙袋の中身は女性の下着が山のように入っていた。どれも新品ではないことから、明らかに窃盗による品々だった。

「ごめんなさい。もうしませんから許してください。会社に知れたらすぐクビです。どうか何でもしますから今回は見逃してください。お願いします」
男は何度も頭を下げる。まだ下半身は恥ずかしい格好のままで。
男は色白で肌もすべすべした感じ。髪はしなやかでよく手入れされて
いる。かなり可愛い感じの男といっていい。
私の、男に対する嫌悪感とサディスティックな感情がどっと湧き出てきた。
「そう、何でもするのね?じゃあまあパトカーに移動してもらいましょうか」
そのとき私は恐ろしいことを考え始めていた。

「えっ先輩、この男を交番につれていくんですか?」恭子が訊いた。
「車の移動はどうします?」
「そうじゃないわよ。わかるでしょう」
恭子に目で合図をおくる。
「ああ、そういうこと」恭子も合点したようだ。
レッカー車の要請を無線で行い。
押収した紙袋と一緒に、みっともない格好の男を無理やりミニパトに乗せて、
私たちはミニパトを発進させた。

「あの、こんな格好じゃ恥ずかしいんで、せめて袋の中のズボンをはいていいでしょうか・・・?それとこれからどこの交番に行くんですか」
だまって俯いて後部座席に座っていた男が口を開いた。すでに走り出してから20分以上の時間が経過していた。
「くくく・・・」運転している恭子がミラー越しに男を見て笑った。そしてチラッと私の顔を見た。
私は前方を見ながらただ薄笑いしてるだけ。

私の意識はすでに警官ではなくなっている。
(この物語はフィクションで実在の人物とは関係ありません)
続く
>>続きを読む
A子のこと
仮にA子としておきましょう。
A子とのセックスは新しい発見ばかり。
A子と知り合ったのは20代のころ。
お互い40代になってしまった。ということは
かなり古い付き合い。
でもセックスをちゃんとし始めたのは比較的最近。
A子の膣のしまりは半端じゃない。

A子は数年前に離婚した。
それまでセックスについてはほとんど知らなかったし、
真剣に考えたことすらなかったらしい。
でも私とのセックスで開眼。いまではその積極性と
好奇心にこちらが煽られるようだ。

そんなA子から嬉しいメールが。
私のこの告白ブログを見て、A子自身がしてみたかった
ことと重複する事が多かったと。
つまり、私に対していろいろ実践してくれる。
A子が提案してきたのは、フェラチオの濃厚なもの。
そしてタマを愛でる数種類の方法などなど。
願ってもない!喜んで受け入れるよ。
>>続きを読む
陸軍情報局2
部下が運んできたのは小さな箱状のものだった。
端からは電源コードのようなものがつながっている。
その反対側にもコード、先端に電極様のものが着いている。
それが何を意味するかは誰でも判りそうだった。

「準備しなさい」少佐の声はどこまでも低く冷たい。
部下がコードの先端についた小さな円盤を唾で濡らす。
そしてその円盤2つを、男の陰茎を挟むように
貼り付けた。
「ああ、お願い、もうやめてください。ほんとうにほんとに
何も知らないんです。信じてください!」
これから起こるだろう事を予測した男は必死の
哀願を試みる。
「それじゃ、徐々に電流を上げていきなさい」
男の哀願も少佐の耳にはまったく入っていないようだ。
部下が箱についたパネルのつまみに手をかけた。

「あ、あう、あああ、あがあああ」
男が電流の上昇に呼応するように悲鳴を上げていく。
からだは仰け反り、がくがくと、縛られた両手両足を激しく動かす。
電気は鞭と違い音を発しない。
苦痛を与える側の静けさと対照的に、
男の悲鳴とからだの痙攣は大きくなっていく。
「うぎゃあああ、ぐああああ」
一瞬、部屋が静まり返った。
男が気絶したのだ。

感電による痛みは筋肉を焼く痛みだと云われる。
何百本もの針で突き刺すような激痛だろう。
終には、肉が焦げるような臭いもしてくるはずだ。

「ふん、だらしないねえ。そのアルコールの瓶をかしなさい」
少佐は部下から瓶を受け取ると、その液体を
男の胸の辺りに垂らすようにかけた。
「あうっ、はう、ああ」男がうめくように覚醒した。
そしてそのまま絶叫に続く。
「うぎゃあああ、がはあああ」
アルコールが鞭による傷を激しく痛めつける。

「ぎゃあぎゃあ、わめいてばかりいるんじゃないよ!」
少佐の手が男の陰嚢を鷲摑みにした。
そしてそのまま
体重をかけて強く下に引っ張った。
握る握力もすさまじい。
それはまったく容赦の無いチカラ加減だった。
「ぐえおおお、おわああ」
内臓を吐き出すような男のくぐもった
悲鳴だけが響く。
「こいつが!こいつが!」
低く叫びながら、少佐はさらに力をこめ続ける。

げほっげほっぐううう、やっと少佐が手を放すと、
男はぐったりしてただ大きく口を開けて
咳き込みながら大きく息をするだけだった。

「なん、なんでも・・・言います、なんでも、だから
許して、くだ・・・さい」
男が絶え絶えの息のなか、やっと発した
言葉だった。
男の性器はまだ千切れてはいなかった。
「自白なんて、もうどうでもいいのさ。どうせお前は
死刑なんだ。それより、この、ぶらぶらしてるやつ!
こいつが私は大嫌い!これだけは許せない」
少佐の眼は怒りで潤んでいるようにも見える。
去勢カッターを準備しなさい」

cutter
切り取ってやる!
原光景2
私がもつ性的嗜好と妄想とは。
まず共通する行為として、性器特に睾丸を虐められること。
指で陰嚢を強く捻る。陰嚢に指を突き立てる。指で睾丸を潰すように掴む。注射をする。電気を流す。切り裂く。万力でつぶす。などなど
状況設定の例示:
1. 制服の女性士官から冷酷なことばで宣告されて性器への拷問を受ける。
「泣き叫ぶがいいさ」「男に生まれたことを後悔せてやる」「切り落とす」など
2. 手術台に全裸で寝かされる。両手両足は括り付けられる。
逃れようのない状況で恐怖だけが支配する。この後に待つのは麻酔なしで行われる性器への手術
3. 白衣の女医に泌尿器の診察をうける。
下半身丸出しで診察台に寝かされ、女医の冷静な触診をうける。最後には性器への注射。
4. 女性警官2人に職務質問そして裸にされて尋問される。
女性の下着窃盗および痴漢行為の容疑で尋問される。2人の警官は私的制裁を目論見、誰も来ない隠れ家で男を裸にしてその性器を徹底的に責める。

まだこの他にもありますが、これらからだけでも容易に想像つくのが、やはり幼児期に体験したヘルニアの手術とその前後の体験がほぼそのまま反映していると云えることです。
大人になってから、それらを思い出して、妄想に作りたてたわけではありません。自然と沸いてきた願望がこれらだったのです。
後にそれらが過去の体験に基づいていることに気づかされたということです。
これはブログタイトルの副題でも述べていますが、事実、小学生で始めたオナニーの際にもすでに自分の性器に対する被虐性が興奮を高めることを自分で認識しました。
もちろん小学生が、その原因は幼児体験にあるなどとは考えはずもありません。

ちなみに上記1から4の設定は簡単な脚本にしてあるので徐々に発表してまいります。
*女性士官の拷問については、陸軍士官ローレン少佐として半分アップ済みです。
>>続きを読む
原光景
幼稚園の頃のこと。
陰嚢が膨らむ病気で手術をしました。
陰嚢が大きくなる。所謂『鼠径ヘルニア』です。
大腸の一部が陰嚢へ降りてきて膨らむ。もっと判りやすい
言い方だと『脱腸』ですね。
幼児の場合はほとんどが先天的なものだそうです。

泣いたりすると、腹部に力が加わって脱腸状態になる。
痛いのでさらに泣く。するとまた余計に降りてしまう。
ほおっておくと戻らなくなって腸に障害を起こすので、
ほとんどの場合、手術で治療するそうです。

私の場合は、この脱腸の治療と手術こそ
今に至る特殊な性癖をもたらした原因だ
と確信をもって言えます。
つまり、それが私の性的意識の原光景になっているということです。
原光景】通常は両親の性行為を目撃することを
指しますが、私にはその経験はありません。

診察段階にて
「パンツを脱いでその診察台に寝てちょうだいね」
看護士(当時は看護婦)さんの幼稚園児に対する
やさしい言い方だったはずである。
しかし現在、私の耳に残る印象は、
一切感情を廃した冷徹な命令のようにも聞こえる。
私は素直にパンツを脱いで革張りの診察台に寝た。
診察の方法は、医師が診察台の横に座り、指で陰嚢をあちこち軽く押しながら
看護婦に何か暗号めいた専門用語を言っていく、というもの。
看護婦はそれを見下ろしながら黙々とその暗号を
カルテに書き留めていく。
私は、下半身をまるまる晒し、金玉をぶにょぶにょと指でつつかれるのを、
ただ何も抵抗できずにじっとしているだけ。
そして、それを女である看護婦にじっと見られている。
幼稚園児が何を色気づいてる!と思われるかもしれないが、
私にとってはそれはすごくすごく恥ずかしい状態だった。
にもかかわらず心臓はどきどき。それは単に緊張ではない、
何かそれまで感じたことのない、そして説明のつかない
苦しいような感情だった。

手術段階にて
5歳で経験した手術室の雰囲気。
ヒヤッとした空気と、天井から
煌々と輝く典型的な手術室用の丸型ライト。
部屋の壁は清潔なタイルで囲まれているような気がした。
全裸で横たわる手術台。
からだは木綿で真っ白なシーツのようなものだけ
で覆われている。
「怖いかい?」上から覗き込んで執刀医が訊いた。
手術帽と大きなマスクで顔は隠され目だけしか見えなかった。
白衣と手術用衣装は絶対服従の象徴的対象のように感じる。

治療段階にて
症状悪化を防ぐとしてに装着したヘルニアバンド(脱腸帯)
の感触とその形状。それを着けている自分。
*現在は効果がないとして使用しない場合も
あるようですが。
それはアダルトグッズの男性用ペニス拘束具にも通じるもの。

では、なぜそれらが自分にとっての性的原光景だったと
言い切れるのだろうか。
次回の説明を聞いてもらいたい。
>>続きを読む
「性器への拷問フェチ」
陸軍情報局ローレン少佐

ある独裁者の国。
捕えられたスパイ拷問を受ける。
拷問するのは女性士官。
その女性士官は非常に冷徹な表情。
スパイ自白を強要するのが最大の目的であるが、
本質的に男に対して嫌悪感を抱いている。そして
サディスティックな性向と容赦ない残酷さも兼ね備えている。
ゆえに、男に与える最大のそして最悪の苦痛を拷問手段と
して用いる。つまり男がその尊厳を失い、そして激しい
苦痛に苦悶し最後には泣き叫んで助けを乞う姿に
この上ない快楽を感じる。
女性士官にとって、自白拷問の終着点ではない。
笑うこともなく、多くの言葉を発することもなく、大袈裟な
演技も無く。
男の激しい苦痛に泣き叫ぶ姿を、
ただ口元に薄笑いだけを浮かべて静かに見ている。
そしてそれは男がほとんどその生体反応を失うまで
終わることなく続く。

手を下すのはあくまで部下である。
女性士官のスタイルは完璧な軍服姿にブーツ。
場所は地下の拷問専用部屋。

スパイはすでに全裸にさせられ、手械足枷にて磔型で固定。
部屋はすべてコンクリートに囲まれ窓はない。壁にはや鉄製の道具、その他何に使うのか
判らない道具がたくさん吊るされている。
床には黒く変色した血の痕のようなシミがいくつも見える。
軍服に着帽した女性士官が部屋に入ってくる。

女性士官はゆっくりと正面に来て、まっすぐ男の顔を睨みつけながら、
「私は○○国陸軍情報局ローレン少佐、お前の名前は?それと目的は何」
「私はスパイなんかじゃない、何も知りません」男は哀願するような表情で叫ぶ。
バシっ!
少佐がスパイの頬を平手で激しく打った。
「お前は自分の状況が解ってないようだね」
「ここは○○将軍様の治める国。だれもお前なんかを助けてはくれないよ。それにスパイは即刻
死刑になる重罪、そんな態度してるとどうなると思う」
「そんな、僕は何もしてないし!ほんとに何も知らないんです!」男は首を何度も横に振りながら
声を振り絞るように叫んだ。
「ふふ、いい度胸ね。でも白々しいこと言っていられるのもこれまで、すぐに後悔するよ」
少佐の目が男の下半身を這った。
「私は自白させるためには容赦はしない。特にお前のような男にはね。
ふっ、男に生まれたことを後悔させてやるよ」
少佐は鼻で笑うような言葉を吐くと後ろに下がった。
その言葉を聞いた男はごくりと唾を飲み込んで少佐の姿を見た。

少佐は壁に吊るしてあったを掴んだ。
は革製の編み上げだった。
少佐はを手に男の前に再び立った。
そして直立姿勢のまま、腕の振りと手首のスナップを利かせて鋭く
男の身体にを叩きつけた。
ビシッビシッ
「ぎゃっ」男は悲鳴をあげた。
胸と腹にはすぐに筋となって赤い血がにじんだ。
ヒュン、ビシッ、ヒュン、ビシッ。少佐は表情を変えることなく続けた。
その間、部屋では男の悲鳴だけが鳴り響いていた。

「少しは何かを話す気になっただろう」
「うう、やめてください。僕は何も知らないって言ってるじゃない」
男の声は泣き声になっていた。
「そう、じゃあもう少し本気になろうか」少佐は鞭を握りなおした。
ビシッ、その一振りは確実に男の性器を直撃した。
「うがああ」男は激しく身体を捩る。
「ふん、これからが本番さ」鞭がしなる。
「うがああ、はぎゃ、うぐわわ」
右から左から性器を狙って振り下ろされる鞭は続いた。

20分くらいしただろうか、息をすこし弾ませた少佐の手が
止まった。
男は力なくぶら下がり項垂れて「はあはあ」とだけ息をしていた。
陰嚢と陰茎には赤黒い筋がいくつもついて、陰茎の傷からは血が滲んでいる。
「ふん、どうだ、辛いだろうが。これでも何も言わないつもりかえ?」
「ああ、ほんとに何か知ってたら言いますよ!僕はスパイじゃないです。信じてください」
泣きながら言う男の声は弱々しい。
「そう、まだ白を切る気ね。じゃあ次に行くからね」
少佐は口元に笑みを浮かべて振り向いた。そして部下に
目で何か合図を送った。

部下が運んできたのは小さな箱状のものだった。
端からは電源コードのようなものがつながっている。
その反対側にもコード、先端に電極様のものが着いている。

それが何を意味するかは誰でも判りそうだった。
続く



>>続きを読む
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。