FC2ブログ
性器拷問の世界
広義のSMではなく、男性器への拷問だけという非常に狭義なMをあつかったブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屋外でリンチ拷問をされる
複数の女に拉致され
野外でリンチ拷問をされる!

こんな妄想を子供の頃から漠然としていた

奥深い森の中に入るとなぜか下半身が疼いてきて

 daily725s.jpg cfnmpic_15s.jpg

この女に本気で殺される!さらにパワーアップ!極限リンチ!超ハードM格闘。死ぬまでやるのがリンチだろ!ガチ締め落としで痙攣!顔面拳、ビンタ責めで大量鼻血!


性犯罪や結婚詐欺、かよわき女性をターゲットにした犯罪を犯した囚人専門の刑務所が「フリーダム監獄」。その看守達は過去に被害者となった女性達から選ばれた者が働いている。その為女看守達の懲罰のすさまじさは極悪非道な囚人達も泣いて許しを乞う。今日もまた囚人が壮絶な私刑を受けています。

6人の女の娘達による、ハードバイオレンス!!金蹴り、玉責め、ビンタ、パンチ、蹴り、窒息、放尿、顔騎…フリーダム的女子集団リンチ開幕!!







お手軽拘束チェアー
お手軽拘束チェアー


無印 ホール専用ローション160ml
無印 ホール専用ローション160ml


アプリエッタ
アプリエッタ


MILKください!ES
MILKください!ES



出会いSNS PCMAX(PCマックス) 熟女と出会い








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

僕は突然拷問された
半年かけてひとりで世界を旅するつもりでいた。

3ヶ月かけてユーラシア大陸を横断して、昨日この旧東欧の小国に着いた。

旧市街を散策していた。珍しい建物の写真を何枚か撮った。

写真を撮り終えて人気のない路地に入ったとき、突然何人かの男たちに襲われた。

殴られて気絶した僕が気がついたところ、それは薄暗い窓のない部屋だった。

そして僕は全裸で両手を縛られ天井から吊るされていた。

「****」聞いたことのない言葉が聞こえた。

目の前にいた女性が僕に問いかけたものだった。

女性は制服を着ていてその手には鞭のようなものが握られていた。

薄具くらいその部屋にはその女性と部屋の隅で椅子に座ってノートを持った

やはり制服の女性がいるだけだった。ふたりとも軍人と思われた。

さらに部屋の隅にはデスクがありその上にいくつかの道具が置かれていた。

undDSC01725k.jpg

「****」また何か訊かれた。まったく何を言われているかわからなかった僕は

とにかく「ノーノー」とだけ答えた。

その途端、女性は鞭をふるった。激しい痛みで僕は悲鳴をあげた。

女性のわからないことばと僕の「ノー」「プリーズストップ」だけのやりとりが続いた。

その間、鞭が容赦なく僕のからだに真っ赤な筋をつけたいき、あとは僕の悲鳴が部屋中

に響くだけだった。

鞭が僕の性器を直撃したとき僕の悲鳴は頂点に達した。

ふううう…ため息をついた女性は、鞭を置いて、デスクに置いてあった器具に手を伸ばした。

その器具を僕の性器にはめた。

器具からは電気のケーブルが伸びていた。


「うぎゃああああああ!!!!」
「や!やめてええええ!!!」


電流が僕の性器を焼き始めた。

僕はとにかく泣いた。泣いて泣いてとにかく止めてもらうことを懇願した。

でも、女性たちはまだわからないことばで何かを訊いてくるだけだった。

そしてふたりで声をあげて笑った。激痛で泣き叫んでいるにもかかわらず

ぼくの陰茎が硬く大きく勃起していたからだった。
und23603266uu_20120508021742.jpg









フル勃起ペニスローション全裸摩擦。こんな言葉聞いた事ありますか?観て頂ければ分かります。もうこの女狩人達が体の全てを使い、言葉を使い、ヌルヌルローションを使い、チンコがもうはちきれんばかりの状態になっております。この女狩人たちの手に掛かると、例外なく誰しもが理性を忘れてしまいます。あなたもこの女狩人たちに精子を差し出してあげてください。いえ、差し出さずににはいられないです。待望の第5弾、至極の一品です。(Red Zone)




超過激なプレイ Mボーイの日常
こんな過激なプレイをさせられたのは初めてだった。

顔面騎乗したうえに首を締めてくる。それも両手両足をベッドに拘束したまま

そしてかなり本気で

女性で挿入時に首を締められると天国に登るような気持ちになりあっという間に
絶頂を迎えるというはなしは聞いたことがある。

でも、僕にとっては恐怖以外のなんでもなかった。
口と鼻が女性器に覆われてさらに首まで締められると完全に窒息状態で
必死に逃れようとただ暴れるだけだった。そしてうめき声のような悲鳴とともに

女性は、もがく僕の顔が自分の性器を刺激すること。それが強烈な愛撫に感じるらしい。
さらに苦しみばたばたする僕のからだとともにぴくんぴくんと動く陰茎を見るのが
すごい快感だといっていた。

その女性からの指名2回目は丁重にお断りした。

bruimg02jj.jpg




○女に虐められ、オネェに犯され、人妻に調教され…M男なら天国のような環境を映像化しました。こんな感じの痴女がいてくれたら…ブッ飛んでます。



熟女倶楽部 人妻 三十路 四十路 五十路 六十路 無修正 熟女 超熟女 豊満熟女 淫乱熟女 痴熟女 

鬼フェラ地獄 Director’s cut 03 ~ハメチオ乱交編~
鬼フェラ地獄 Director’s cut 03 ~ハメチオ乱交編~「鬼フェラ地獄」シリーズの名物コーナー、ハメハメとフェラチオを交互に行う「ハメチオ大乱交」のプレイをまとめたベスト版の登場だ!穴から穴へそして口マ○コへと見事な連携で大乱交する様子は興奮間違いなし!こんな痴女達にチ○コむしゃぶられたらもうフツーのフェラには戻れませーん! 出演:星優乃 RUMIKA 星野あかり 風間ゆみ 雪野ひかる
 

この動画の続きを見る>> 別ウインドウで開く





クラシックシリーズ 死の性器拷問3日間その1
M国の秘密警察特殊捜査班班長、アナマリアは真正Sだった。

アナマリアは、男性への拷問を特に好んだ。
それも男の尊厳をずたずたにする!いやもっと残酷に男を抹殺するかのように。

「男に生まれたことを後悔させてやる!」が口癖だった。

僕は、取材のためにM国にやってきた。

合法的に入国し当局の許可を得て取材活動を行なっていたのだが、ある晩
突然ホテルにいたところを拉致された。拉致したのは秘密警察だった。

秘密警察の本部に連行された僕は、そこで地獄を味わうことになる。

「おまえがスパイ活動を行なっていたことはわかっている」
「誰に雇われて何を探っていた?すなおに答えれば助けてやる」
制服姿のアナマリアが縛られて椅子に座らされている僕の目の前に立って言った。

「いえ、私は何もスパイ活動などしていません!」

バシッ!いきなり平手打ちを食らった。

「いまは別にすなおに言わなくてもいいよ。どうせすぐに吐くんだから」
アナマリアは笑った。


DSC01725k.jpg


コンクリートに囲まれて、鉄製の診察台のようなものが置いてあるだけの部屋に連れていかれた。
そこで全裸にされて、その診察台に両手両足を縛り付けられた。

「男に生まれたことを後悔させてやる…」アナマリアはうっすら笑いながら言った。

ぎゃあああ…!!! 鞭が僕の全身を襲った。

「ううううう…やめてください、お願いです」僕は恐怖と痛みで泣いた。

あぎゃあああ!! 鞭が僕の陰茎に命中した。さらに2発3発と…
僕は縛られた両手両足に思い切り力を入れて全身を震わせた。

「ふふ、まだしゃべる気にはならないわよね」
「ううう、そんなほんとに何もしてないんです」
「そうかしら」アナマリアは満面の笑だった。


あぎいいいい!!!!!

g26086.jpg

アナマリアの手が僕の睾丸を掴んだ。

「あああ痛ああああ!!!」僕は吐きそうになりながら何とか声をあげた。

アナマリアは握ったり放したりを繰り返す、それを30分以上続けた。

げえええ…げほお!僕は胃のなかのものが喉元までこみ上げてきていた。

img06pp.jpg


「まだまだこれからよ。私が制作したいろんな器具があるからね…ふふ」
「器具の準備をしなさい」アナマリアは部下に命令した。

最初に持ってこられたのは、電気系の器具だった。

「これは小型のスタンガンを改造したものだよ」
「死ぬことはないだろうけど、死ぬほど辛いよ!はっはは」
部下が僕の性器に器具を取り付けているのを見ながらまたアナマリアは明るく笑った。

cbtball.jpg

ボンッ!
そんな音が聞こえたかと思うと、僕の下半身中心部に火で焼かれたような激痛が走る。
うえええええ!!!!くぐもった悲鳴しか出せなくなっていた。

つづく

















猟奇的犯罪 性器切断 まさか僕が
僕は男に生まれたことを激しく後悔した。


それは、最近起きた事件だった。

連続して男性が性器を切り取られる事件だ。

最終的に死んだ被害者はいない。

でも、死んだも同然になっている。

正確に言うと、性器つまり陰茎と陰嚢を両方切り取られたケースと

陰嚢つまり睾丸だけ切り取られるという場合のふた通りがあったが、

いずれにしても、切り取られた部位は持ち去られていて、再生不能だった。

そして被害者の男たちはすべて廃人のようになってしまった。


警察の捜査としては、比較的単純にみえた。

なぜなら、どのケースとも同じ女によるものだということは目撃証言ではっきりしていたから。

これまで、すでに5人の男が被害に遭っている。被害者の年齢は22歳から45歳までと幅広い。

全員、口を揃えてすごい美人に誘われたと証言した。

手口は、飲み屋で男を巧みに誘う。そしてホテルに入るとスタンガンで男を気絶させそして
縛り上げる。

その後は、全裸の男の性器をさんざん痛めつけてから器具を使って切り落とす。

被害者に堂々と顔を晒したにも関わらず、殺すことまではしない。

かなり大胆な犯行だった。

しかし、それだけ目撃証言や物証が残っているにもかかわらず未だに逮捕されない。



僕は、U大学3年生21歳だ。地方から出てきたすごい貧乏学生。

この間、2年前から付き合っていたG子と別れた…。

別れたと言っても、僕が一方的に離れたというわけ。

G子は7歳年上しかも水商売の女。貧乏学生の僕の生活費から遊ぶ金まで面倒みてくれていた。

でも僕はほかの年上女性と付き合いだしてしまった。

それがG子にばれて…、僕は開き直ちゃった。

「おまえに面倒みてくれって、頼んだ覚えはない!」

そう言って、G子を思い切り突き飛ばした。


新しく付き合い始めた年上女性との関係も結局ほどなく終わった。

やけになって酒を飲んでいた僕の前にその女は現れた。

すごいイイ女だと思った。年齢は30代前半くらい圧倒的にセクシーだった。

「少し休んでいく?ホテル代はいいよ気にしなくて」

僕がそんな嬉しい誘いに乗らないはずはなかった。


首筋に強烈な痛みを感じたのが最後だった。

気がついたときは、両手両足をロープで縛られていた。シャワーを浴びる寸前だったので
全裸で。

「おまえは女の敵だね。まあ男は全部そうだけど…でも特におまえは悪質だ!」

「なん…なんなんだよ?あんた誰よ?」


ひぎゃあああああ!!!!

女はスタンガンを僕の性器にあてた。

「だまれ!」「さあ、処刑開始だよ」

あいいいいい!!!!あああああ!!!!痛い!!!

tamagami6.jpg

女は僕の睾丸を咬んで引きちぎろうとしている

うああああ!!!!!!!!!

僕は、ありったけの悲鳴を絞りだした。

突然、女は口を離した。

「まあ、こうやって咬みちぎることができないことはわかってるけどね…ふふ」
「とりあえず、直接的に痛めつけてやるためにね」

そして金属の器具を持ち出して、僕の陰嚢にそれをはめた。

うあぎゃあああああああああああ!!!!!!!!!


僕は、ただ激烈な痛みで全身がしびれてきた。

もう何も見えない!目の前は真っ赤だった。そしてからだが激しく痙攣してきた。

唯一聞こえたのが、女の声、「この道具使っても簡単には切り落とせないのよねえ」
だけだった。

cbtball1003_20110628013934.jpg



どれくらい時間が経ったのだろう? 自分の悲鳴で自分が狂いそうになって、その時間は

永遠に感じた。ただあるときから大量の液体がからだから流れ出す感覚に代わり、局所的な

痛みは少なくなっていた。

そしてこんにゃくゼリーのようなものを口に押し込まれた。

飲み込むこともできずにそのこんにゃくゼリーを口のなかにいれたままにしていた。

その場面での、それが僕の最後の記憶になった。


その後の記憶は、病院のベッドでしかない。

後に聞いた話だと、そのこんにゃくゼリーは僕の睾丸。そして僕の陰嚢は完全に切り取られていた。

僕はいまも、あの痛みと恐怖を思い出す限り、女性には近づきたくないし、男に生まれたことを後悔
している。



結局その女つまり犯人は捕まらなかった。あれだけ証拠や目撃証言がありながら…
















完全なる痛悦マゾにしたてあげられた男は、それだけでイチモツを膨張させてしまう。美しく気高い女王様に、気が付かないうちに服従してしまうのは当然のことなのか!




Mボーイの日常3 たまつぶし
今日の相手は中年男性。

あんまり気は進まないけど、貴和子からのオーダーなら仕方ない。

男性は、いくつか遊び道具をもってきていると言った。

「まずはこれをはいて」

女性用のショーツを渡された。
ぼくは全裸でその小さなショーツをいちまいだけまとっている。

男性も裸になった。褌姿で腕には刺青が見える。
筋肉もすごい。

僕は、ソフトカフスで両手を拘束され、両足も同じように拘束された。

Lovecuff白m_04_large

「床に寝ろ」

僕は、床に仰向けになった。

男性は、僕の口に吸い付いてきた。
ものすごい粘膜質の舌が僕の口の中をはい回っている。
気持ち悪くなったけど、抵抗せずに我慢した。
その間、男性の手は僕の性器をショーツの上からまさぐっていた。

次に、僕の乳首を吸い始めた。
吸うというより噛み付いた。

「あっああああ」僕は乳首のちぎれそうな痛さにただ声をだす。
男性は両乳首を長時間責め続けた。

「次はこれだな」さんざん乳首に噛み付いた後、
男性はアナル用の道具を出してきた。
僕にとってアナル責めはあまり好みのプレイじゃない。
でも、男性はさっさとその道具と僕の肛門に潤滑液を塗り始めた。

「うううう…」肛門に差し込まれると、肛門の粘膜部分を引き裂くように
その道具が容赦なく出し入れされる。
「いいい痛い…ふうううう」僕はまただたひたすら我慢した。

「さあこれからが本番だ」男性は僕の履いているショーツを太ももあたりまでさげた。
右手で陰嚢をつかんで、左手は僕の首に巻きついてきた。
そしてまた粘膜質の舌が僕の口を塞ぐ。
それと同時に強烈な鈍痛が下半身を襲ってきた。

「うううう!!!!うう」口を塞がれていたのでくぐもった声しか出せない。
最初その強烈な痛みの原因がよくわからなかったが、男が口を放したとき見た
僕の下半身の様子が事情を説明してくれた。
男性は僕の睾丸を右手で力いっぱい握っているのだ。そしてときおり2本の指を中心にして
睾丸のひとつひとつを強く摘むような動きをしていた。

これまで多くの女性からも睾丸を責められた。
でもやはり同性は違う。
その強さや痛みの度合いを良く分かって責めてくる。

男銃thumb_m_08

「ああああ!!!!」
「うううううう!!!!」
下半身が重く熱くなっている。
胃から内容物が喉のところまで押し寄せてくる。
生唾を飲み込んでなんとか吐くのを耐える。
「いやああああ!!!!」
男性の手は完全に睾丸を潰せる動きにまでなった。
すでに僕の下半身は痛みではなく、炎に包まれて燃えている。
内臓が全部せり上がってくる。
後頭部をアイスピックで刺されるような痛みが続く。
だんだんと目の前が暗くなってきた。

口のなかに強いアルコール臭が充満して僕は目が覚めた。
男性が口移しでブランデーを含ませたようだった。
下半身は熔岩のなかに浸かっているような感覚だった。
僕はおそるおそる自分の性器を見た。
陰嚢が普段の1.5倍くらいになっている。
「明日にはもっと膨らんでいると思う」男性は冷静に告げた。

「ごめんな痛かったろう…でももう少しだけ触らせてくれ」
男性は僕の睾丸を撫ぜようとしている。
「お願い!!!やめて!!!やめて!!!」
「うわああんん」僕は本気で叫んで本気で泣いた。
















葵マリー4



オナニー我慢
「先生お久しぶりです」
「そうね、ちゃんといい子にしてたかしら?」

「はい、先生の言うとおりオナニーを我慢してました。もちろんセックスはしてません」

「そうなの、まあ触診してみればわかるからね」
「全部脱いでそこに寝て」

「さて、では調べましょうね」

「あっうう」

tn_1464c1_1.jpg

「そうね…確かに精子は溜まっているみたいね。睾丸の弾力もよろしい」
「これなら許してあげる」
「じっくりしゃぶらせてもらうからね」

椎名悦子j







旦那さんのほかに恋人が居るらしい人妻さんです。こんな奥さんが居るのかと驚かされるほど、躊躇うことなく初めてのS行為を全身で愉しみます。M男を踏んで蹴って、座って、鞭打って、チンポを引っ張って、便器にして、こんな楽しいことがあるのね、と喜んでいました。特に高い場所からM男の顔をめがけて、バシャバシャと小便をかけて飲ますのが楽しかったとの事でした。鞭を浴びせながら「今度は彼氏のちんぽもしゃぶらせるからね」と言ってるときの顔は凄みがありました。彼女の映像を見てると、被虐心でムラムラと股間が怒張してきます。本当に凄い奥さんでした。







Mボーイの日常
僕はずっと年上の喜和子に鍛えれてMボーイになった。

喜和子は、スナックを経営する傍らプライベートの出張SMショーの興行も手がけていた。

その男優役が僕だった。

数人から10数人くらいの観客がいるところで喜和子がS女になり、M男を僕が演じる。

演じるといっても、行為は本格的で演技だけではない。

縄しばりや鞭、そしてローソクはすべて本物。

終わるとからだにくっきり傷跡が残るようなリアルな責めだった。

だから僕のあげる悲鳴もほとんどリアルそのもの。

喜和子の得意としていたのは性器責めだった。

言葉責めや鞭、ローソクなどで一通りのS行為が終わり、最後に性器責めをする。

そのプレイが始まると、それまでリラックスして観ていた観客の顔つきが変わる。

そして「ごくっ」と生唾を飲み込む音が聞こえてくる。深いため息まで聞こえてくる。

今日も神奈川のあるところで出張ショーを行った。

最後の極めつけの「逆さづり」による性器責めをみせる。

「ぎゃああああ」それまでのS責めであげた悲鳴のせいで僕の声はすでにかすれていた。

喜和子は容赦なく僕の性器を痛めつける。

観客の眼が釘付けになっている!僕は観客たちから熱波を感じていた。

sakasa2.jpg sakasa5.jpg










熟女倶楽部堤3


ケバエロ系から婆手前まで!淫乱熟女動画を集めた企画イベント!








テーマ:SM - ジャンル:アダルト

姉と弟 雅代と裕樹
「ヒロ君のタマタマは私のもの。誰にもあげない」
「うん、それはお姉ちゃんのものだよ」
僕は体を動かさずに目を閉じた。
全身がひんやりした感覚に包まれた。

姉の唇がタマのひとつに吸い付いた。タマにキスをするように触れた口が徐々にタマ全体を吸引しながら口の中に入れていく。
ひとつのタマは丸ごと口の中に納まった。飴玉をしゃぶるように口の中で舌を使って玉を転がしている。
痛みはないけど、強く引っ張られる感触だ。その引っ張る力がだんだんと強くなってきた。喉に向かって口の中のタマを強く吸い込みながら、同時に陰嚢に対して歯を立て始める。
上下の前歯で咬み、皮にあてた歯の鍔力を強めていく。僕の陰嚢は、引っ張れられる感覚に加えて根元近くの皮部分にちりちりした痛みが伝わってきた。
姉は上下の前歯を左右にずらしながら顎の力を使って皮を引き破ろうとしてくる。
「あっきいいいっ」
僕は声を出さずに耐えようとしたのだけど、その痛みはちりちりを遥かに通り越して、背中から後頭部へ突き抜けるような鋭い痛みになってきて、歯を食いしばっていても呻きのように声が漏れてしまった。

縛られた両手両足の筋肉そして腹筋に痛いほどの緊張が出ている。
僕の身体はその筋肉の緊張で浮かび上がりそうになっている。
「おっお姉ちゃん!痛いよう!痛すぎるよう」「お願いだからそこでいったん止めてよう!」
僕は首を擡げて、自分の股間に埋まる姉の頭部に向かって叫ぶように言った。
それは演技ではなくほんとうにお願いしたかったこと。
でも姉は、少し頭を左右に揺らして、未だだめよ、と無言で言っているようだった。
代わりに僕の腰骨に当てた左手に力を込めた。『もう少しがんばってね!』手の力にはそんな意思表示が込められているように。

「うっがああああああ」「あっきゃあああっ」
僕は、陰嚢への激痛を、全身の筋肉の強烈な緊張と言葉にならない悲鳴を上げることで堪えるしかなかった。
手首と足首は、縛った紐が強く強く食い込んでその皮膚が破れはじめていると
思えた。
目を開けることもできない。目を閉じているのだから真っ暗なはずなのに、なぜか目の前は真っ赤に見える。血が眼球を包んでいるように。
長い長い時間に感じられた。

姉のからだが僕の下半身から離れる感じがした。
「はあっふううう」姉がため息のような声を漏らした。口いっぱいに何かを頬張って言葉が発せられない。そんなくぐもったような吐息に近い声だった。
そして僕の下半身からは、今までの突き抜けるような痛みが消えて、ずーんんとした重い痛みが伝わってくるだけになった。
僕は、自分の下半身がどうなってしまったのか怖くて目が開けられない。

「うっぐえ」姉がゲロを吐くような音を発した。そしておおきく「ごっくん」と
唾を飲み込む音が聞こえた。
「ヒロ君、すぐに止血しないとね」
僕はその声に促されるように、すこし目を開けた。
汗だらけの姉の顔が遠くに見えた。髪は乱れ、目は空ろ、そして唇には血がついていた。右手にはティッシュが握られていた。

たま食い たま食い2
もっと→FC2 Blog Ranking
人気アダルトBLOG
アダルトトレイン
→変態ブログランキング


スパイ拷問全裸痴女女王011痴女スパイに捕まってしまった男スパイ…。「今からお前をくすぐりの刑にかけてやる!」「ねぇ動けないのってどんな感じ?すっごく苦しいでしょ?」「あ、今度は精液絞りの刑だよ!」「イッた後ってとっても敏感なのよね。ほら、こうするともっとくすぐったくて苦しくなるよ。」




鬼畜女012なんの前触れもなく、一切の容赦もなく…。“痴女を超える痴女”鬼畜女。薄笑いを浮かべ、目に狂気を宿しながら男という名の餌を求めて降臨。拘束され鎖に縛られた男たちは隠語を浴びせられながらバイブをぶち込まれ、貪り喰われるように真っ赤な柘榴の沼に呑みこまれていく。男たちは完膚なきまでに痛ぶられ、羞恥と屈辱のマグニチュードに悶えながら、狂夢の果てに頭蓋骨を貫く陶酔感にうち震えていく…。

フリーダム金蹴り011拘束された男スパイの股間に、ブルマ女の容赦ない連続攻撃が炸裂!男スパイの呻きにエスカレートするキック&パンチ!この辛さは男にしか分からない…恐るべき金蹴り拷問が静かに、そして激しく繰り広げられる!



甘美会千秋001美人モデル千秋は、影の女拷問人だ。今日も、麻薬の在り処を白状させる為の拷問を依頼された。囚人10号は、鞭打ち、太腿による首絞めでも白状しない。そこで、囚人を高手小手縛りから片足吊り責め、両足吊り責め、逆海老吊り責めにし、鞭、ローソク等で拷問した。それでもは白状しない囚人は、一晩中放置された。拷問3日目は、囚人を後ろ手腕絞り、半吊り掛け縛り、逆さ吊り責めにし、嵐のような鞭責め、鞭の痕に熱ロウをかけ、しかも吊り責めの上に千秋の全体重をかけた。…男は命を助けてくれることを条件に遂に白状した。男を助ける条件は、千秋の家畜になることであった。その日から聖水を飲まされ、檻に飼われ、両手・両足を紐で固定され二度と立てない四つん這いにされ、犬・馬としての訓練、ローソク責め等が行われ、生涯家畜10号として生きることとなった。

甘美会FemDomWorld












【人妻・熟女】無修正+高画質の全作品完全オリジナル。毎月新作30本以上を配信!

禁断の人妻達が男を求めて乱れ・悶え・エロスにふける!人妻・熟女専門パコパコママ

エロなママが見事に大集合!人妻・熟女のアダルト無修正動画サイト「パコパコママ」


マ○毛剃ってぇ~♪中に出してぇ~♪ハメ撮りマイLOVE~♪即マン万歳H4610






隣のお姉さん
僕の初体験は小学5年のとき。
相手は隣の家に遊びに来るお姉さん。
初体験といっても、実際の性交までいったわけではない。
でも僕にとっては衝撃的な性のオープニングだった。

僕の家の隣は30代の夫婦が住んでいた。子供はいない。
夏になると、その隣家には奥さんの姪の中学生が地方から遊びに来た。
彼女の名前は寛子。中学2年生14歳。
2年前の夏から、この東京の親戚の家に遊びに来ている。
僕はまだ小学生だったけど、隣どうしということですぐに仲良くなった。
僕は彼女を「ひろちゃん」と呼んで、彼女は僕を「まーちゃん」と呼んだ。
友達のいない東京に遊びにくるわけだから、ひろちゃんには遊び相手がいない。
そこで僕と遊ぶことしかないので、とにかく毎日のように一緒にいた。
隣家とは家の両親も仲がよかったので家族ぐるみの付き合いだったこともあり、
両家の家族でプールや遊園地に行くこともあった。

その日は、僕の家族と隣家の家族で区営プールに来ていた。
僕はひろちゃんとふたりで25メートル施設を使って競争をしていた。
家族連れで賑わっていた区営プールだが、25メートル施設にはあまり人がいなく、ほとんどの
家族客は子供用プールで遊んでいた。
僕は水泳が得意だったのでひろちゃんより速く泳げた。
「まーちゃん、結構泳げるんだね!ちょっと休もう?」
何回か競争した後に、ひろちゃんが僕に言った。
僕も「うん」と言って足が立つ水深の浅いプールの端に移動した。
そのときいきなりひろちゃんが「えーい!」と叫んで僕の両肩に手をかけて僕を水に沈めた。
突然のことで僕は何も抵抗できずにただ水の中でもがいた。
数十秒して、ひろちゃんは僕を押さえつける力を緩めた。が、しかしまたすぐに同じことを繰り返した。
ひろちゃんは女とはいえ14歳、からだも僕より大きくて力も強かった。
結局僕は3回水の中に沈められそしてかなりの量の水を飲んだ。
「げほっげほっ!」3回目にようやく解放された僕は、苦しくてことばも出なかった。
一時は本気で殺されるかと思った。
僕を沈めようとするときのひろちゃんの表情を見たからだ。
口元は笑っていたけど、目は全然笑ってなかった。
水の中でも僕をしっかりと見つめてそして大きく見開いていた。
僕にはその目が僕を本気で殺そうと思っているかのように見えた。

「まーちゃん、泳ぎは速いけど息止めは私のほうが長くできるよ」
ひろちゃんは勝ち誇ったように言った。その目はさっきとは違いほんとうに笑っていた。
僕は苦しさからやっと立ち直って、何とか普通に息ができる状態になっていた。
「まーちゃん!もう一回やる?息止め?」
僕はすかさず首を横に振ってその申し出を断った。
「なあーんだ、まーちゃん弱虫じゃない!」
ひろちゃんはそう言いながら僕に近づいた。
僕は、おちんちんに痛みを感じた。
一瞬僕には何が起きたか判らなかった。
でも僕のおちんちんは何かに強く握られているようでとにかく痛い!

薄い海パンの上からひろちゃんは僕のおちんちんを握っていた。
痛い!痛い!
ずきずき!から吐き気をもよおしそうな鈍い痛みに変わってきた。
ええっ?何でこんなこと!
僕は、普通に友達だと思っていたひろちゃんがこんなことするとは信じられずに
ただ「ううっ」と唸ってその痛みに耐えていた。
「ねえ、まーちゃん?もっと息止めやろうよ?」
僕を見つめるひろちゃんの目はまた別人のような怖さをもっていた。

続く

(これはフィクションです。作tortureking)

海パン
画像は本文とは関係ありません
もっと→FC2 Blog Ranking




エッチなブログ盛りだくさん

→変態ブログランキング

adult.japandeep.com







拘束された男スパイの股間に、ブルマ女の容赦ない連続攻撃が炸裂!男スパイの呻きにエスカレートするキック&パンチ!この辛さは男にしか分からない…恐るべき金蹴り拷問が静かに、そして激しく繰り広げられる!




チンコビンタ、チンコデコピン、包茎皮剥き、精液食わせ、チンコ綱引き、股間(包茎)観察、皮伸ばし、玉握り、ペン刺し、寸止め手コキetc…超美人OL達が見境なく男を甚振り始める…。





性器作品リスト






























Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。